So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

酷暑が来た! [コラム・ぼやき]


 
昨晩は珍しく夜の雷が来ました。
室温が日没後も37℃くらいあったのに、30分の雨で30℃まで下がりました。
自然の猛威に驚くばかりです。
 
でも短時間の雨で、室温は2℃ほど上昇して、夜明けまでに30℃くらいまで下がっただけでした。
温まり過ぎた家の構造対が、強い熱量を蓄積しているのです。
これが夏場の特徴です。
 
涼しくなって歓迎しつつも、翌日の状態が気になります。
雨で大気が洗浄されると、翌日の最高気温が必ず更新されます。
それが真夏の平均的な特徴なのです。
 
心配した通りに、朝からニュースで予想最高気温が塗り変えられています。
暑くなれば更に家屋や車両の冷房排熱が増えます。
予想外に気温が相乗的な上昇をします。
 
こうした人の行動や、機械の自動制御で気温は上がります。
上がり過ぎると好ましくない自然現象が発生したりします。
 
少し昔でしたが、東京で雹が1mくらい積もったことがあります。
これも予想外のスパー積乱雲が環状道路上空で生まれたからでした。
気象台でも予測不可能な急成長だったらしいです。
 
冷房は便利で快適ですが、地球規模で見れば暖房でしかありません。
真夏に暖房しているのです。
ヒートポンプ式だと、比較的に対価交換的なエネルギーの移動ですが、一般的な冷房は加熱だけです。
地球温暖化ではなくて、地球暖房化が機械文明の実態です。
 
今年は更に得意な自然現象が発生しているみたい。
チベット高気圧が日本にまで張り出して来た。
これは天竺やシャム地域の工業化や近代化の影響ですね。
 
チベット高原を下から炙っているから、エベレストの高気圧が偏西風に乗ってしまった。
これが西日本洪水の原因になってしまった。
太平洋高気圧とチベット高気圧に、中国からの高温度産業排熱が黒潮に乗って、大量の水蒸気を生み出し、積乱雲を作り続けるのですね。
そこにフィリピン海の高温で生まれた台風が、熱気込みで日本を襲撃するのです。
 
昨年まで3重苦だったのに、今年は4重苦です。
生き地獄そのものです。
 
こうした酷暑に耐えながら、冬を待望するしかない。
 
でもキット、今年の冬も大雪に見舞われるでしょう。
これで極寒地獄が再現されます。
 
今年も自然災害大国が日本だと、証明されるでしょう。
生き残れるかな、私?
 




 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これは鶏頭かな~? [コラム・ぼやき]


 
連休も今日で終わりです。
マイブーム的に、夏の連休は草取りが基本です。
それが田舎の習慣、シキタリです。
 
今日も早起きして、草刈りをしました。
一昨日は30分、昨日は一時間、今日は2時間半。
毎日作業時間が延びて、起床時刻が速まるばかり。
 
今年も連休の特徴は、猛暑・酷暑に熱帯夜です。
私は昨日から、日中だけでも避難場所を確保し過ごしています。
夜は我慢して寝るのですが、疲れ過ぎて失神状態みたいです。
 
このパターンで秋まで生き長らえなくては。
高血圧の治療をしているから、本当に生きるのも綱渡りです。
 
そんな決意や不安も粉微塵です。
 
 
早起きから疲れが着ていて、簡単な記憶障害も発生中です。
暑気にヤラレタ状態ですね。
そうでなくても思考が鈍りがちな中年世代です。
 
これはいっそのこと、早起き生活習慣に仕組み替えしても良いかも。
夜明けの頃は、とても涼しげな雰囲気ですからね。
 
現実には涼しくもない熱帯夜でした。
夜明け頃から気温は30℃近いのです。
昨日も今日も、室温が30℃以下になりません。
 
気分とは、誤解、錯覚、勘違いから来るのでしょう。
そして直ぐに忘れる鶏頭だから、夜明けが似合うかな?
馬鹿でいるのは、善いモノです。
 



 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏場の便利な避難場所は? [雑多なこと]


 
もう我慢しないことに決めた私です。
冷房設備のない自宅に日中いることは自殺行為。
 
思い出すと、昨年は40度超えた室内で失神したのでした。
少し寝ようと思ったら、瞬間的に意識が消失したのです。
 
寝たのではなくて失神状態なのだと、睡眠の研究者がテレビで口にしたのを思い出したのです。
横になって数秒で寝られる人は、睡眠状態ではなくて失神や昏睡なのだそうです。
 
昨日はとことん疲れて、座っているのも苦痛でした。
これで創作活動ができるわけもない。
 
なので休日に開いている公共機関に立ち寄って、涼を取っていました。
帰宅予定時刻は夕方の様相が濃くなってからです。
 
昨晩は予定があって夕方以降に家を出たのです。
日が西に傾いてエアコンが良く効くようになったら、妙に元気が出ました。
 
身体が冷えて荒熱が取れて、自律神経が活性化したのです。
それまでは生き残るために身体機能が低活動状態で待機していたのだと思います。
 
もう若い頃みたいに、暑くても寒くても何とかならないのです。
経年劣化した身体を無理強いしても壊れてしまうだけ。
 
芸術家は世に出て名声を得るまでは貧乏が定番です。
公共施設で堂々としていれば良いのです。
 
なので早めに出かけて、好きな創作活動しながら過ごしました。
苦痛で停滞していた思考も順調に回ります。
 
今年は冷房場所を求め、民間施設も含め訪ね回るつもりです。
少しでも快適な場所を求め、避難人になります。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猛暑の一日です [コラム・ぼやき]



情けないくらい暑い一日になりました。
体力の限界に近づいている気がします。

県内は日本列島の内陸性気候です。
真夏になるとたまらない暑さになります。

普段なら梅雨の最中なのに、半月も早い梅雨明けで難儀しているのです。
脱水症状になるため、水分補給するからおなかもがタプタプしています。

こうなると下痢の心配も必要です。
実際に緩くなったりしています。

何もしていませんが、何にもしたくない真夏になりました。
こうした夏が秋まで続くのですね。

気が遠くなりそうな感じがしてきます。

明日が猛暑だと思うと怖いですね。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乾電池と充電池の違い [驚いた事など]


 
乾電池と充電式の電池には、大きな差があります。
それが電圧の差です。
乾電池は1.5Vで、私が愛用する充電池はエネループで1.2Vです。
この電位差は大きな問題点です。
 
電池を入れ替える電子機器やおもちゃ、デジカメがあります。
近年の機器には電池の種類は何ですかと尋ねて来ます。
ところが精密機系ですと、乾電池以外の利用を禁止するものがあります。
 
これを無視して、充電式を利用している私です。
これが結構使えてしまうので、当然だと思い込んでいました。
 
ところがエネループも購入して10年近い歳月を経過しました。
半永久的に使えると謳い文句にしていても、実際には経年劣化も放電もします。
使えないはずの物が使えて常識化すると、電池切れなのに機械の故障を疑ってしまう。
これを言い掛かりと呼ぶのでしょうが、常態化すると勘違いしたまま過ごしてしまいがちです。
 
今週もそれが理由で、機会が壊れたと思って買い替えを考えていました。
電池を交換しても交換しても、直ぐに使えなくなるからです。
今日になって「ハ!」と気が付いたのです。
 
急いで近所のスーパーに行ってアルカリ電池を購入して入れ替えてみました。
当り前のことですけれど、問題無く使えるのです。
すっかり機械を悪者扱いして見ていました。
悪いのは私です。
 
自分は悪くない!
中高生の定番的な反抗モードと同じです。
これを中二病と呼ぶのですね。
中年後期に中二病では困ります。
 
でも、暴走老人、暴行老人が横行するようになりました。
惚けとともに自我の先鋭化が進んでしまう現実があります。
中二病を笑えない高齢化社会の縮図が、今回のトラブルの根っ子かも知れません。
注意しなくちゃ。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感