So-net無料ブログ作成

WIN7も終了が見えました [コラム・ぼやき]


 
自宅のノートPCを購入したのは東日本大震災のあった年でした。
NECの汎用パソコンのOSはWindow7です。
8が出たのは翌年の空きだったでしょうか。
 
時間経過を早く短く感じてしまうのが中高年です。
もうサポート終了なのかと感慨深く思うのです。
大規模なアップデートが行なわれた翌日に、サポート終了の案内が出ました。
 
最近winXPと10への自動移行で騒動になった記憶があるだけに思うのです。
家電製品なのだから『何とかしてよ』です。
製造元は一般家電とは考えていなのでしょうけれど。
 
時代は変わって、ネットでは見た事ないメーカーからパソコンが販売されています。
それに現在の主流はタブレットにキーボードを付けた品が種類豊富です。
OSだって今ではアンドロイドが主流になりました。
 
けれども米中貿易問題で、このアンドロイドも怪しげなOSになりました。
無料配布の負の側面が顕在化しています。
『米国製品は駄目だな』が日本人の基本理念として再燃してしまいました。
 
ダタより怖い物はありません。
またゴリ押し製品を買わされるにもウンザリです。
これからは日本のハイテク製品に、もう一度くらい期待したいですね。
 
 
 
 
 




共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。