So-net無料ブログ作成

伝記モノを信じて [本・執筆]


小中学生の頃は偉人伝を読むのが好きでした。
本読むのが大嫌いで、漫画しか読まなかったのです。
でも偉人伝だけは読めたのです。
不思議ですね。

でも学校にある偉人伝などは、御都合主義の塊りだと最近気が付きました。
馬鹿だと思いますが、信じる者は疑わないのです。
人はそのような特性があるのですね。

最近になって物書きをするようになり、常識さえ疑ってしまいます。
愛深き故に憎む。
そんな反動かも知れません。

物書きの切っ掛けに、疑いから出ると、書き出し易いですね。
結論的な執着地点が見えているから安心できます。
常識に帰れば読者は安心します。

創作で重要なのは、安心して読み終われる事でしょう。
学術書や論文なら、常識を引っくり返すと、勝ち名乗りを上げられます。
博打みたいなモノでしょう。
勝ち残ることが重要です。

エンタメ類は負けて殲滅しないことが重要です、
何らかの希望が残り、次への期待が抱ければいいです。
もちろん、真逆な作品でもいいです。
自分はカタルシスが解放されるより、溜まる方が好きですから。

天邪鬼になっている面が大きいです。
子供の頃の漫画は悲劇的な作品ばかりでした。
今は真逆ですね。

未来に希望が持てない時代には、明るい未来のお話しがいいのです。
幼少の頃は、日本が大発展する時期なので、悲劇が好まれたのでしょう。
今そんな作品を世に出せば、総スカン食らう事になりかねません。
Jホラーが流行った時は、プチバブルや回復期でした。
今は低潮期でどん底行きの真っ先中です。

昨日書いた通りに、修作は陰々滅滅になりガチです。
これらの仕上げをして秀作にするのは、怖いモノ見たさが増した時で充分。
しばらくお蔵入りになります。

永遠にお蔵入りしないように、夢だけは持って待ちましょう。




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0