So-net無料ブログ作成

愛ゆえに? [本・執筆]


高尚な話を書く訳でもありません。
考えても愛について書き連ねるなんてデキナイでしょう。
実力不足であるし、意識していないから考えも及びません。
 
ならば、何の愛であるのか?
物書きを悩ます『愛』の取り扱いです。


ミュージカル当たりだと、恋愛を華々しく歌い上げたりします。
男女の愛以外にも、家族愛や人類愛、慈しみ等でしょうか。
華やかな舞台で演じると、空々しくても輝いて見えるものです。
映像系の場合だと、愛が前面に出ると気恥ずかしいですね。
演じ手も照れてしまうし、表現が難しいです。

文字系でも、特殊なジャンル以外では高らかに恋愛を表現しにくいです。
ジックリと読まれると、粗も目立つし共感し難いものになりました。
愛が語れない時代なのです。
それよりも、奪われた何かを取り戻す品目に沿え、細やかな愛情を匂わせる方がいいです。
愛が付け合わせとか、味付けの類に下がってしまっています。

自分でもパソコンや原稿用紙見つめながら、愛に腰が引けております。
主題として『扱えないな』と思うのです。
気持ちが高ぶって書いても、翌日ドン引きしそうです。
それに年齢的にも燃えるような愛を想像し難くなっています。
気持ちが枯れたとか、冷めたじょうたいなのですね。
人生下り坂ですから。


習作の課題に出されたら難儀しそうです。
愛ゆえに、扱い難い感情が愛なのです。
相性が悪いです。

でも次のラブロマンス時代が来る前に、勉強して準備しておきたいです。
指加えて見ているのは情けないですから。
 
 
 
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。