So-net無料ブログ作成

一人で盛り上がる [驚いた事など]


一人っきりでいる際に、何かを読んだり、見ていた時に感極まったとします。
傍らに誰かいるとすれば、それなりに気持ちが高まらないものです。
見回して誰も居なければどうなるのか?
どうのように行動するのか。
反応したいのか?

それが問題です。

何やかんや言っても、一人で「ハムレット」の心境になる。
どうするの? それが問題だ。


本読みしていてもそうです。
本読みとは、御芝居の台本を皆で読み合う行為です。
初見の作品の内容を確認し合う行為です。

会場で、場面を想像しながら、脳内で演じてみる。
情景を思い描いて、台詞を噛み噛みしながらも、気持ちを添わせる。
目の前に舞台や、撮影現場を勝手に組んで、疑似可視化する。
場合に拠っては、自分を観下ろしたりもできます。

すると、演じ手なのに観客にもなる。
目の前で見ている観客です。

勝手に感情移入してしまう。
気持ちが高まってくるのです。
感極まることも度々。



そこでもう一度「ハムレット」になっちゃう。
場合に拠っては、「ハムレット」演じている架空の自分を、更に見て「ハムレット」するわけです。

入れ子構造の、入れ子構造。
幾重に重ねっているのやら?



つまり自分は其処に居ても、居ないのです。
いるけれど居ないし、居ないけれど居る。
幽体離脱ならぬ生体離脱現象です。
そこから更に離脱している。
行き先は、創造の舞台の舞台です。


更に思うのです。
「帰るべきか否か」と。
いい加減にしろと思うけれど、それも自分。


役者はどの世界にも飛翔できる、恐ろしい人種です。
怪人なんですね。
何にでも変身しちゃうし、何処の国でも行けてしまう。



困ったものです。


付ける薬はありません。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。