So-net無料ブログ作成

血圧低下 [コラム・ぼやき]


血圧の上昇に、心理的な要因が強く関わっています。
自分の血圧が最近高かったのは、加齢現象やメタボが理由だと思っていました。
ところが今日になって、血圧が急激に下がっていたのです。

考えられる理由は、ストレス。
将来に対しての重い思い込みがストレスになっていた。
先月の健康診断で、眼圧を計られるくらい血圧が上昇していた。
健康な高齢者よりも高かったくらいです。

CA3K0001.JPG

それが仕事の関係に一段落を見せたら、数週間で血圧が正常値になりました。
血管の硬化は相変わらずですが、強い心臓への負担が軽減されたみたい。

このところ瞬発力が下がったのも、血圧が下がってしまったからでしょう。
平常時に戻ったものの、異常時の爆発力が失せてしまったのです。
実効的な力を失いましたが、寿命は延びたみたいです。


火事場の馬鹿力は、緊急事態に発揮する力。
常時発揮しては死に至る道程が早まるばかりです。
長生きしてどうするの? 
この疑問には答えられませんが、人の世の役目として居残るべき。
早死にする理由も特にないのです。
流れに任せるならば、血圧の上下振幅も何かの知らせ。
現象に何を学んだか、体得したのかが重要です。

血圧に一喜一憂するべきではないのでしょう。
自分にとって何が問題であったのか、理解するべきなのです。


健康診断の基準値も、見直すとか、見直さないとか。
どちらにしても、その事で何を考え、学び、感じて、判断力を得るのか。
他人任せの基準では何も得られません。
自分に何が訪れていたのか、見聞しないといけませんね。
そう思うのです。



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。