So-net無料ブログ作成

コーラス仕上り [コラム・ぼやき]


人に残された最後の希望は歌う事だけ。
そう思っている私です。
歌えることは生きる支えである。
そう断言できますね。

仕事も趣味も、歌う支障があれば排除するようになりました。
優先順位が歌く事であるのです。
仕事も趣味も、歌う為に存在しているかのよう。


だからといって、のめり込んで視野が狭くなっている訳でもありません。
時間配分で何とかなるなら、仕事して遅れて練習に行ったりもする。
臨機応変な対応しているけれど、優先するべきは歌、合唱。
歌う喜びは何物にも代えられないのです。


初めてコーラスに参加した時には分らなかった。
今は唯一普遍な感動をくれる行為だと、徐々に知ったのです。
学生時代には全くわからなかった、歌う喜びです。
勉強の一つだったからでしょう。
無理やり押し込めるのが、学業というものです。
抑え付けられ、従わされることを忌み嫌っていたのでしょう。
そんな感情さえ、当時は感じることもできなかった。
得難い感動を味遇わずに過ごした青春と言えそうです。



コーラスや合唱に取り組んで年数が経過したのです。
次第に無くてはならない存在になり、現在に至る。
皆で歌った作品を、ビデオで見聞きすると、良さが改めてわかります。
渦中にいると今一つワカラナイのが、歌声の素晴らしさ。
昔の人は、自分たちの歌声を楽しむ機会が無くて可哀そうです。
現代人はビデオカメラやマイクで、歌声を残せます。
後でそれなりに楽しめる。
観客程は楽しめませんけれどね。
歌声の混合具合がわかりますから。



長期に渡り経験してくると、どんな具合で反響するとか想像できます。
勘違いは残っているけれど、脳内処理で仮想出来具合が予想できる。
時折ですが、倍音が聞こえてくることもある。
「天使が降りる」と例えられる、合唱の倍音。
神の存在を想像出来るのです。
喜びは神の領域にあると言えるし、考えられる。
だから西洋は宗教と歌が一緒になっているのでしょう。
神を信じるに値するのが、歌声の降り注ぐ場である教会なのです。
コーラスを教会や、結婚式場、ホテルのロビーでやりたがる理由がわかるのです。
コーラス隊にも聞こえてくる反響音の歌声。
溜まりません。



この先も機会を消されないように、世間と時折戦いながらも続けたい。
歌の素晴らしさを、定期的に味わいたい。
贅沢な時間を過ごす方法を学んだ私です。
もう普通の音楽イベントに金や時間を浪費したくないです。
感動は自らの手で渦中で得る。
これが一番ですね。






 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。