So-net無料ブログ作成

殿中で御座る! [雑多なこと]

私の考えた歯、少々飛躍するみたいです。
思考の糸は間違いなくツナガッテいるのです。
ですから自分的には論理的ですが、他人には突飛みたい。
それで、タイトルのようなリアクションをされる。

CA3K0011.JPG

小さい頃から芸術家体質だったのです。
家族からすると、突然に思い立って何か工作を始めていたみたい。
子供の頃に集団行動が苦手で、遅れるか突っ走るかのドチラか。
元気のいい中二の頃は、運動部にも入っていたから暴発していたのでしょう。
元気一杯な中学生だった。

波が高まると、何時かは沈んで谷になる。
それが高校生の頃で、無気力行動に至った。
身体の成長で、鉄分やカルシュウム不足でフラフラしていた。
なので運動部も早々に退部してしまった。
気力も体力も不足がち。

それが卒業して、直ぐに就職したか頃から元気が戻って来た。
波が高まっていた頃にバブルが来て、仕事をガンガンこなしていたのです。
取引会社や後輩に、猛烈社員振りをして遠巻きにされていた。
某元テニスプレイヤーみたいな感じでしょうか。
オンもオフも常に全開だった。

二十代は活動的な人間だったのです。

三十代波の高さは次第に衰退して、経済も衰退。
気力も活動力も低下し、世の中も停滞して行った。
そして混乱に巻き込まれて、身も心も定まらない。
衰退する体に鞭打って、壊してしまったのです。


40代に入り「人生もうお終いか」と落胆していた。
その時に出会ったのが演劇世界。
舞い降りるように、目の前に現れたのです。
以来、気力だけは元に戻れた。
生き甲斐を外に求められたからです。
芸能活動や歌にも力が入った。
でも体は壊れていたままで、花粉症にもなってしまった。
運動できないから、体重も一気に増えたのです。
見違えるくらいに太った。

そして50代の今。
今年は花粉症も軽いですね。
でも演劇界からは身を離しました。
生き甲斐が、全ての苦しみの元になってしまった。
自分の生活力のすべてを奪って行ったのです。
そして、勉強してきたことから、世に不信感しか抱けなくなった。
人間不信がピークに来たのです。

もう心から芸術を楽しめない。

陰々鬱々にできる事は、祈りの歌と物語の創作しかない。
文章は、虐げられて、不満を持たないと書けないのです。
小説や脚本の勉強をするほどに、その事が見えて来た。
明るく元気だと、作品がスカスカになるのです。
彫刻や、絵画も同じでした。

楽しんで作った作品は美し目ですが、スカスカです。
苦難に遭って表現すると、下手でも力が浮き上がるのです。
近代の芸術家が、人間的に問題あるのがワカリマシタ。
作品の為なら、明るく元気になんてなりたくない。
口から呪いの炎を吐き出す方がイイのです。

それで性格と環境が悪い今が、創作に最適なのです。
人並みな幸せは、創作活動の邪魔なのです。
人間不信も歓迎したい。
社会不安も大歓迎。
閉塞感も、創作に欠かせないエナジーです。
精神的に止む直前がイイみたい。
今が一番のバランス点みたい。

だからタイトルのある通りになるのです。
性格にストレスが爆発力を与えてくれるのです。
だから「殿中で御座る」みたいなことをする。
でも未来を想像する起爆剤。
予言者の如き発想力も湧き上がるのです。
折角の機会です、無駄にしたくない。
創作ネタを沢山用意して置きたい。
何だかウズウズしちゃうのです。
春が近いせいもあるでしょう。



注意ですね。
ブレーキは直ぐに掛けないと、止まらなくなりますから。




 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。