So-net無料ブログ作成

豆まき [コラム・ぼやき]

節分ですね。
二月の節分です。
豆まきの日です。


見えない鬼を追い払い、福を招き入れる。
鬼は散々な日だと思っているでしょう。

獄卒である、地獄の鬼と、現世にいる鬼。
同じであるか否かわかりません。
仏教の蒔絵には、区別がないように思えます。

日本は多神教の国ですから、鬼も神様の一部員でしょう。
物の怪も神様です。
妖怪やバケモノも神様。
人は死んだら仏様。

聖徳太子や菅原道真などは、亡くなってから祟り神になった。
戦国時代の武将は、一部の方々は神社に祀られてしまい、神と仏の境界線を彷徨っていますね。
区別できないとか、分け隔てなくの扱いですが、曖昧です。
悪く言えば適当ですね。
何か大きな行いをすれば、何かに祀られる。
神格化されて、頼りの源にされるのです。
オチオチ死んでも居られない。

西洋では、死んだら休息できる思想らしいです。
だから現世では、頑張って生きなさいとか、休日には休みなさいとか決められている。
日本じゃ偉くなると、死んでも働かされる。
死んだあとは過労死しないから、永遠に働けますね。
だから輪廻転生の決まりが無いと、死んで終わる事もできやしない。
あげくに地縛霊や浮遊霊で、現世に生き続けるしかない。
悲しいことです。

あの世から蘇ってフラフラしていると、鬼扱いされて煎り豆を当てられる。
生きても地獄、死んでも地獄ですね。





 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。