So-net無料ブログ作成

瞑想学習 [お稽古・勉強]

怪しげなタイトルだと思われた人もいるでしょう。
自分もこの文面を書きながら3度書き換えました。
思わせぶりで怪しげなタイトルに決めちゃいました。



学習して「頭に一杯!」と感じたらしている行為です。
もちろん外ではできません。
居眠りだと思われてしまいます。



最近になってこの方法が頭に入るとわかりました。
昔流行した睡眠学習です。
現代の自分流にアレンジです。



頭に「一杯感」が感じれたらゴロリと横になる。
そのまま「一杯の頭」を意識して瞑想するのです。
知識の食べ過ぎなのですから、腹ごなしの居眠り。
これを眠らないで行う学習法が、瞑想もしくは黙想法です。



頭は寝ている時に情報整理をします。
脳細胞のシナップスが伸びて検索時間の短縮ができるようにする。
保存場所の旗を立てて、仕舞った場所の特定をはかる。
そんな行為が自動的に行われているのだとか。
ですから処理能力いっぱいになったら記憶してはいけない。
整理をしてから、記憶領域を確保場所する。



それを寝ないで済ますのが黙想や瞑想です。
考えちゃいけない。
考えるのは仕舞い終ってからです。
脳のテーブル上に記憶が散乱したら収集つかないですからね。




こんなことが出来るのは連休くらいです。
時間と場所がなくちゃできない。
本を持ったまま黙りコクったら居眠りと思われる。
座ったままより、寝た方が処理時間が短く済みます。
椅子からの転落の危険が脳の処理を遅らせるからです。





けっこう便利です。
記憶以外にも思考混乱にも使える。
考え抜いてから考えを止める。
アニメの「一休さん」が座禅を組んで瞑想するのも同じ原理。
真似しても駄目です。
瞑想とか黙想は訓練しないとできない行為ですから。
横になって寝落ちては効率が下がります。
時間の無駄になりかねない。





お試し下さいね。

黙想、瞑想の記憶、思考方法でした。



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0