So-net無料ブログ作成

山門桜 [勝手な思い込み]

受け売りと言ったお話しですが、毎晩寝る前に拝んでるのです。
別段何かを信仰してる訳ではありませんが、
人々が長年信仰して来た神社、仏閣ならこれからも大切に感じていたい、
そう思い習慣にした訳です。
ある程度年齢を重ねると、自然とそう思うものなのでしょう。
芸能的な物事は臣事に通じてると云われてますし、
芸能的な事に没頭すると何かと不思議な事も起きますし、
そう云ったもに感心が向きます。

特定した物に意識が向かないと、
無対象行動が取れず演技にならないものです。
特定の神社、仏閣を信仰してない自分としては、
何を拝んで良いかわからないから、
県内で一番古い建物にしようと、
この写真の先にある場所にした訳です。
かなり安直な判断ですね。

時折仕事で近くまで訪ねたら、昼間も手を合わせてます。
鳥居から先は桜が満開。
斜面は手が行き届いた庭のよう。
写真に収めて置きたい気分になります。
夏は木立が日を遮ってくれる山。
何と無く畏怖させられる霊的な圧力を感じます。

山に活気が入る季節。
祈りの手にも力が入ります。

080411_1047~0001.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。