So-net無料ブログ作成

新年からスランプでした [驚いた事など]



トランプではありません、スランプです。
こんなツマラナイ掴みを書いている、弩スランプ状態です。
ほとんど絶望で、期待ゼロと思えます。
 
こうしたスランプは一年の内に何度も来ます。
小スランプを含めると、毎週一度二度で済まない時もあります。
気持が燃え上がらくて、期待値の好循環が途切れると訪れます。
リバースゲームみたいなものです。
 
一番良く無かったのは、正月休みと成人連休を受け入れたこと。
脳味噌の中に棲んでいる、創造の神様が遊びに出掛けてしまった。
もしくは着想と発想を与えてくれる天使が、正月振替で旅行に行ってしまった。

神界と人間界の大型連休が同時でないから起きる。
そう考えています。
私がスピリチュアリストだから、そう思う訳です。

四月五月の連休や、お盆休みが創作活動の敵なのです。
クリエーターは休んではならないと、何かに書いてありました。
これは素人でも玄人でも、違いが無いのでしょう。
神様や天使に、人間の休暇は無用だからでしょう。
精霊達は、万物創生から休みなく働いているのです。

西洋の神様は安息日があります。
日本の八百万神は、安息日が無い。
だから日本人は働き過ぎだと非難されるのです。

日本人も西洋の儀式を受け入れて来たので、安息日が出来てしまった。
昭和の時代を思い起こして、盆暮正月に三日程度の旗日を設ける。
儀式の為に仕事を休むだけにして、働き続ける。
仕事改革は休まない職人と芸術家を尊重する、復古の習慣を取り戻すべき。
そう思います。

働いて疲れるよりも、休んで書けない辛さの方が疲れる。
それが芸術家・職人気質だと思います。
日本人は伝統芸能に従い、超ブラック個人商店化するべき。
楽しいことは誰にも手放さない。
西洋の習慣や神様にも、です。

好きな事の成果に感謝し、奉納すればいいのです。
それが伝統ですからね。
 



 
nice!(0)  コメント(0) 

難問疑問愚問? [コラム・ぼやき]



スピリチュアリティーな私として感じ入るのです。
昨年終わり頃からの、現れ出でた奇妙奇天烈な現象。
これは天の采配に拠る、説き難いパズルかなと?
 
今までの経験を総浚いして解きなさいと。
 
何だかホラーサスペンスに登場する主人公みたい。
萬の事柄を分析しながら、糸口を見つけて解決せよ!
そう言われて居る様な気がしてならないのです。

人生は脚本の如し。

これは近代精神疾患の治療提言の一つです。
キリスト教神秘主義に近い、人生問題解決の手法です。
自分の人生を一編の脚本と捉えて、これからどの様に書き換えるのか?
人生のアドリブ演技を求められています。

何も書かれていない脚本を、登場人物だけで演じる行為です。
これを演劇界ではエチュードと呼びます。
役者の訓練法の一つです。
短い設定だけ提示する事も在ります。

語源はたぶん、音楽用語なのでしょう。
その様に取組んで、先の読めない脚本を自分で演じ続ける。
基礎と自分の技法が確立されていると、面白い場面構成が可能です。

人生は先の書かれていない脚本。
何処かの哲学者か、詩人の言葉だったでしょうか。
これが人生脚本の本質です。

もう天からテーマやテーゼが示されている。
これを西洋宗教でミッションとか、パッションと呼びます。
自分が何をしたいのか、何を為すべきか自分で決める。
自己責任の文化による考え方や、躾の一環です。
 
艱難辛苦が疑問難問から来ている、理不尽で不条理な数々。
これを解決して収め、問題を収拾して次に進む。
リセットボタンもリプレイも無い、アンドゥーもリドゥーも無いのです。
時間経過の波に乗って、真っ直ぐに進むだけ。
 
判断間違いして谷底に落ちないよう心掛けるのです。
来年を笑って迎えられるのか?
一先ず今、笑って置きましょうかネ?
 



 

nice!(0)  コメント(0) 

ジュニア達の面の皮 [コラム・ぼやき]



久し振りにムカつく人物に出会いました。
とにかく人の話を聞けない。
決りを守らないで、当たり前の顔をする。
権利を主張しても義務を守らない。

ゆとり系の、後期団塊ジュニア世代です。
日本の恥部だと思えました。
威力業務妨害で、警察を呼びたくなったものです。
 
この世代の親は、物の無い時代を通り過ぎ、高度成長期に生まれた人。
物心付いてから、物欲を充たしながら希望を叶えた世代。

そしてジュニア世代は、終章氷河期の終わり頃に世に出た世代。
厳しい世相でしたが、親のコネだけは期待できた。
貰い逃げ世代ですから、上手く行った事柄の既得権益を手放さない。

アベチンゾウの御友達の人等に似た階層です。
得して逃げ去る事に長ける意識を持っています。
失敗組は半グレになって、世の災いを撒いています。
利己中心で悪を望み、行いを反省しない最悪の人達です。
 
だからと言って強制排除すると大騒ぎします。
ミートゥーとか言って、仲間を呼び寄せては悪態をネットに書く中心世代。
始末に負えません。

歌舞伎での白波五人男よろしく、世の悪事を這びらせるだけ。
さっさと死んで消えて貰いたいです。
でも、沢山の生き残っております。
これらの子供らも大きくなると、世の災いを撒く事でしょう。
日本の暗部人種です。

外国で悪さをして、日本を貶めぬように期待したいもの。
まあ無理でしょうけれどね。
 




 
nice!(0)  コメント(0) 

冬の恵み雨が来て [驚いた事など]



昨晩はシッカリと雨が降りました。
降雨量は10mmも行かない雨量で、車の下は濡れていません。
でも雨らしい雨だと思えたのです。
 
今日は湿度が上がって肌が潤い気味。
何時もは、肌呼吸で気化熱乾燥から寒さが辛目です。
重ね着しないと寒いのですね。

今日は動くと保温効果が高まって気分良し。
乾燥しないから肌も痒みを覚えません。
加齢で皮脂不足なのは、汗が滲み出ないのが理由です。
新陳代謝が弱いのです。

だから基礎体温も上がらなくて、更に寒さを感じる。
夏は汗が出難くて、気化熱が期待できなくて熱が籠る。
夏と冬で悪循環があるのです。

こうした冬の雨は恵の雫です。
願うならば、ひと月の内に二度くらい欲しいとことです。
こればかりは神頼みですね。

師走から昨日まで、目と呼べるような雨はありません。
八月と十一月の雨が長く、一年分降ったと思います。
野菜不足は今でも継続中ですね。
自宅の野菜は、雨不足で生育停滞中のままです。

大量の雨は雪は要らないので、定期的な雨。
これを文字通り渇望したい。
そんな気分なのです。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 

モライ泣き狙いか? [TV番組・映画]



基本的に愚痴ですが、真実の泪には敵わないです。
これが創作での涙との違いです。
本物と偽物の違い、真実と虚構の差です。
 
同じ事が笑いでも起こります。
お笑い園芸と、ドキュメントの面白さ。
狙って作るのと、拾って構成する違いがあります。

そして引き出す力と、拾い出す違いもあります。
両方できないとなれば、仕込んでの喜怒哀楽です。
ドキュメント風とか云われるような作品です。
 
これらの傾向と対策を知ると、少しガッカリしますね。
テレビ番組を見ていて興醒めすることが起きます。
素直に感情の波に乗れない。
気持のサーファー失格です。
 
どうしても画面奥にいる、制作者を想像してしまう。
どうやって撮影したのか? 取材の段取りは?
写っていない物に関心が向くのです。
 
もう病気の一種かも知れない。
映像制作の現場を少し齧っただけで、要らぬ知恵が付いてしまう。
たとえドキュメントでも、制作側の意図が存在します。
切り捨てられた現実が、山になって積み上がっているでしょう。
 
見えない物を見ようとする力。
これも超能力養成の訓練かもしれません。
 





 

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る