So-net無料ブログ作成
道すがら ブログトップ
前の10件 | -

気が付けば夕暮れて [道すがら]



久し振りに楽しい本を読んでいて思い当ったのです。
「ああ、夕暮れだな」と。
得てして楽しい時間は無為なモノです。
何か身に付いたり、教訓めいたモノを得たりしません。
 
では何故に楽しい時間は無為なのか。
人生の無駄使いをしているからでしょう。
私は、人生を有意義にしたいと懸命に生きて来たと自負しています。

その理由を延々考えていたこともあります。
その時間は他人が見たら無為なことです。
懸命に生きて来たのは、塵あくたなな人生だからです。
足りない何かを探して、右往左往して七転八倒していたのです。
元気に楽しそうな人を見ては、嫉んでいたいたのです。

これを今で言う処の『非リア充』と呼ぶのですね。

反する『リア充』とは何か。
現実世界=リアルな世界を充実して生きる。
衣食住に恵まれて、自己充実感を他人が与えてくれる人。
それが『リア充』ですね。

非リア充は、自己肯定感を自分で得なくてはいけません。
こんなに頑張っていることを、自分から探して生きて行く。
現代社会に生きる野生動物みたいに、心の餌を探している。

充溢している人は、心の栄養を他人様が勝手に分け与えてくれます。
野良犬の目で、充実感を探し回らなくていいのです。
結構な人生だと、つくづく思います。

自分が芸術活動に身を投じたのは、こうした心の充実を自己充電するためのこと。
身体が元気なうちは、何処となく流離の放浪旅を楽しんだものです。
これを少し前で表現すると、自分探しとなるのですね。
それが理解できて、旅行とか一切行かなくなりました。
テレビの旅番組で気持ちが満たされますから。

それに有名観光地は人いきれする場所です。
私は基本的に、都会も人だらけで大嫌いなのです。
結論的に思えば、行きたいと思える筈がないですね。
そもそも自然豊かな、過疎の始まった地域で暮らしているのです。
この場所が、自然豊かで暮らし易い、無名観光地域なのです。

窓から山を眺めて、楽しい本を読んで、テレビを見て過ごせば良いのです。
これが一番のリア充だと、今日になって思い当ってしまった。

最近、創作意欲の減退が起きていました。
つまり人生が充実して、心が満たされていた。

もう他人様が何をしようが関係ないのです。
政治が腐っていても構いません。
貧乏だって、楽して生きているのです。

これでミサイルや、原子爆弾が飛んで来なければ良いのです。
大型の台風だって、滅多に災害にならないのです。
地震だって震度5位です。
平積の本が倒れるだけです。
山からの地下水で、井戸が枯れたこともない。
これは桃源郷でパラダイスなのですね。

地震雷火事親父。
朝国、支那国、ヤンキー国なんて、もうどうでも善いのです。
偉い人や金持ちが困るだけ。
貧乏人は生まれた頃から困っています。
困っていない人生の方が、変のですからね。
 
これは逆転の発想でしょうか。
本やテレビを見て、ブルグに好き勝手書いて生きればいい。
何と幸せな暮らしと生き方だったのやら。
 
もう無駄な事はしません。
したくもないです。
 





 
nice!(0)  コメント(0) 

落ち着いた秋模様 [道すがら]



静かな曇った一日でした。
こうした静かな秋は、秋らしい秋の雰囲気です。
雰囲気は絵や写真に表せないから、人が実感するだけ。
それだけに貴重な感じがします。
残せない事柄ですからね。
 
春夏秋冬、四季の移ろいは、日本人で良かったと思える自然現象。
秋の中にはまって何とは無しに楽しんでいられます。
自分も風流が分る年齢になったと考えると、気分もひとしお。

創作活動をしていて良かったと思うのです。
元気に過ごし、働いて休んでの繰り返しでは、理解し難い感覚。
基本的に仕事に没頭するだけの男性陣は、暑いか寒いかだけの二者択一です。
四季の移ろいよりも、晴れ雨、風の有る無しだけ気になるもの。
途中経過とか移ろいは、心に染み入って来ません。
 
大昔の歌人も、出は官吏か貴族、坊主でしょう。
暇が大半を占めないと、感覚を研ぎ澄まして四季を感じたりしません。
職人感覚だと微妙差を感じ取っても、仕事に反映するだけです。
心の内に留めて、味わうことは無いでしょう。
似たような反応しても、求めているものが違いますからね。
 
晴れない秋空にこそ、秋の本質があるかも?
そんな気がした一日でした。
寒かったけれど、風も無くて穏やかでした。
貴重な秋の一日。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 

山は立枯れ色に染まる [道すがら]



歌にある♪山は白金~♪ですが、今日見た山は立ち枯れです。
ドライフラワーみたいに、キレイに枯れ抜けた色です。
見た事ないような悲惨な色合い。
 
ああ、人類を支える自然界も、これでお終いかと思ったのです。
こうして前例の無い風景を見せながら、人間の世は終焉を迎える。

太古の文明も、こうして滅んで砂漠が残ったのでしょう。
諸行無常の秋ですが、終わりの始まりを実感したものです。

ですが自分も含めて、観光客は意に介さないです。
それはそれで貴重な風景を目の当たりにして、お気楽に写真撮影。
この先どうなるのかは『神のみぞ知る』です。
もはや人類に為す術は無いのですね。

ちょうど神社仏閣は、七五三の真っ盛り。
立ち枯れた山々を背景に、綺麗な衣装で七五三を祝うだけ。
山に祝詞が消え入り、大願成就を祈るだけ。

見知らぬ美しい家族の願いは、神に届けられるのか。
はたまた皆に神罰が下るのか?
神の差配に委ねるしかありません。
 




 



nice!(0)  コメント(0) 

木枯らしの一日 [道すがら]



台風一過で木枯らしが吹きました。
夏場だと暖気が入って猛暑ですが、秋は逆ですね。
ロシア方面から寒気を呼び込んで、冷え込むのです。
 
でも朝は台風の暖気で、比較的暖かでした。
湿度の関係もありますが、日中より暖かく感じたものです。
おかげで良く寝られた夜の北関東でした。

昨晩も強風は少し吹いただけ。
今朝からの木枯らしの方が強いくらいです。

しかも自衛隊が艦砲射撃を始めて、戦争かと思ったくらい。
木枯らしに乗って、遥か彼方の演習場から射撃音が風に乗ったのです。
あまり気持ちの良いものではありません。

近年の国際情勢だと、北中が敵国で、準敵がロシア。
裏切りそうなのが米国ですから、四面楚歌みたいなもの。
南のアジア連中は、中国に敵対したくない蝙蝠国ばかり。
艦砲射撃が悲しい音に聞こえてしまいます。

晴れた空から日差しが降り注いでも、時おり雨雲が遮ります。
日本海側から雨雲が千切れて入り込むからですね。
普通の雲なら素通しの日光が、雨雲だと影を落とします。
これが心の平穏を掻き乱すのですね。

気にならない人には、雲や日差しは気にならないものです。
芸術家体質で、不安神経過敏になるから心が動いてしまう。
だからこそ作品が作れるのですが、反作用も強く反映してしまう。

ゲイジュツカは危険な縁に立つ人種です。
木枯らしが一層身に染みるのでした。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 

青空は何処に? [道すがら]



今週一杯晴れると聞いていたのに、朝起きたら曇り空。
昼前に晴れるのかと思っていたら、天気予報では崩れるとか。
今日から明日一杯は雨が降る見込みらしい。
 
気持ちの整理が出来ないまま、空は鉛色に染まってしまった。
少しは御日様の力を得られると思っていたのに残念です。
秋の空だから期待通りには行かないのです。
日本の将来を暗示しているような空です。
 
もう政治に何の期待も掛けたくないから、コレで良いのですね。
 
今日も一日ぶりにコインランドリーへ。
洗濯物を乾燥させるに、電気の力が必要です。
こうした業務用の機械は、200vで駆動しています。
家庭のエアコンも最近は200vが主流です。
モーターは3相3線式の動力系200Vです。
たぶん電気ヒーターと軽い機動力のモータです。
一般式の200v電源で動いていることでしょう。

そう思うと、欧州式の200V洗濯機が欲しくなります。
温水式の洗濯機だから、滅菌性能も上がります。
洗濯物の嫌な臭いはこれで解消です。
もちろん晴れて天日で乾燥すれば、紫外線消毒できます。
温水の必要な無いでしょう。
都会の室内干しに効果があるだけ。

普通の家電店では手に入らない業務用機です。

モノを書く仕事で成功したら購入してみたいです。
家のエアコンも、業務用ヒートポンプ機で強力冷暖房。
大規模太陽光発電で省エネ運転。
エコアイスや蓄熱温水器も使えるでしょう。

まずは成功者になって、家毎改築改造でしょう。
夢が膨らみます。

ん~作家先生の生活か~。
羨ましい生活が可能かも知れないですね。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 

台風一過で破損品の発見 [道すがら]



台風一過となった北関東です。
昨晩から未明に強い風が吹きました。
山の形によっては、強い雨や風に晒された地域もあるみたい。
朝のニュースで街が冠水している風景を中継していました。

そんなことで、災害が無いようであるのが大型台風。
家庭の小物大物が微妙に壊れたり、漏水したりの小規模被害がありました。
経年劣化の促進効果か、トドメを刺すのですね。

そんなことでゴミの量が増えたはず。
日用使用品は買い替えを余儀なくされたようです。
大型スーパーや各種量販店は朝から客が沢山訪れています。
台風を見越して備蓄した食料も尽きた頃です。
お店は平日でも大盛況です。

こうしたイライラ系被害が、地元の経済効果を高めるのでしょう。
買い替えを考えたまま停止しも、壊れたら必要品です。
やむなく買い替えるのですね。

そんな大型店も雨漏りしていました。
想定外の場所から水が入ったのですね。
こうした雨被害で、商品が濡れて廃棄処理に至るのです。

引き取り業者が、中古品としてリサイクル店に商品を並べるかも?
こうした予想外の行動で、予想外の人が購入して損害が軽減される。
リユースが進んだりするかも?
これも予測外の経済効果です。
被害の最終販売予定者は、利益を落して業績悪化?
プチ損益の発生です。

このような妄想も、店で見た情景から構想を得る。
通り過ぎただけでは傍観でお終いです。
勿体ないですから、脳内で物語のネタに仕立ててみる。
これが創作活動の習慣付けですね。
分析が正しいか正しくないか考慮しません。
習慣にしないと、反発力が下がるだけです。
能力低下を招くばかり。

台風一過の綺麗な景色と空に、被害の出た人々。
負の自然の恵みは、災害から得られるエッセンスです。
大事に取り扱いたいものです。
 



 


nice!(0)  コメント(0) 

長雨にて [道すがら]



本日はコインランドリーで観察です。
週末から利用している業務用乾燥機です。
詳細に機械を比べると、ドラムの大きさで価格が違う。
価格とは時間に関しての価格です。

みな単位は百円で何分動くのかでした。
ドラムの大きさは、乾燥する洗濯物の大きさと重さで決めます。
中型と小型を比べて見て、性能の違いは分かりませんでした。
時間単価が違うのですが、時短希望なら中型が好ましくなります。

果たしてそれが正しいのか?
間違いなのか?

洗濯のへの影響はどうなのか?
ドラムが大きいほど、落下と旋回の位置エネルギーが大きくなる。
衣類の落下が及ぼす影響はどれ程なのか?
小さいドラムの回転力で多回落下の影響は、甚大なのか少ないのか?
見ていても、仕上がりを確認しても不明です。

それにドラムの大きさと消費電力に違いが生じるのか?
混在に置かれた室内では、熱の影響は均等に近いでしょう。
時短好ましいななら、大型ドラムで乾燥した方が省エネか?

何とも言い切れない歯がゆさを、観察しながら感じたのです。

それに利用者は一様に不機嫌です。
長雨でウンザリしているし、雨の中を車で走るのもウンザリ。
電車や自転車よりも快適ですが、嫌は嫌なのですね。
九割位は元ヤンや現ヤンです。
自己中心的な態度の人物像が集まります。
そしてヤンは小心者が多いです。
弱さを暴力で打ち消そうとする人達。
泰然自若のオッサンは鬱陶しい存在でしょう。
他人の目が嫌いだから、尚更ですね。

これから毎日、台風以下まで通う予測が立ちます。
今年の雨は長雨で、被害が心配です。
明日はドンな風景になるのやら?
 



 

nice!(0)  コメント(0) 

お日様コンニチワ [道すがら]



お天道様が一時間だけ顔を覗かせてくれました。
何だか懐かしい日差しです。
日の光を有難く頂戴した次第です。

こんな暖かな日差しは眠りを誘います。
ついウトウトするのです。
これが大変気持ち良い訳です。

眠たい時は寝る。
起きていたい時は起きる。
素晴らしい時間の利用法ですね。
人生の贅沢とは、転寝ですから。
 
明日は太陽が顔を見せてくれるのか?
楽しみに待っていたいものです。
秋の優しい日差しですからね。
 




 


nice!(1)  コメント(0) 

長靴を履いた猫には [道すがら]



長靴をはいた猫は、自分の幼少期に放映されたアニメです。
かれこれ半世紀近く前です。
平成の大御所アニメ監督と、その先輩方が関わっていた作品です。
伝説前の伝説ですね。
原作とか元ネタは欧州の童話系らしいです。

この頃から名作物の触りが出来上がったのですね。
和風や中華の題材は、子供ウケしなかったみたい。
戦後復興から火が付いた経済発展の最中です。
どうしても戦勝国の文化に目が向きます。
二度目の明治維新や文明開化とも言えるでしょう。

この頃に明治の文化が捨てれて行きました。
江戸時代の庶民文化の復活です。
儒教や大乗仏教の倫理観が、西洋の大衆文化に押し流されて行く。
西洋でも騎士道は廃れて、過去の遺物でしたから当然です。

そのようにして、平成の今も倫理観は庶民や最下層主義に流されています。
倫理では飯が食えません。
衣食住が十分に満たされて余剰が生まれ、社会を利する余裕があって倫理が養われる。
現在の一億総最下層社会で、倫理を叫ぶのは負け犬の遠吠え以下です。


そうなると下世話な大人文化が、子供に伝染します。
それで良いのです。
今日見掛けた長靴少女も同じでしょう。
漫画コーナに来て、ブ厚いレディースコミックを床にしゃがんで読みふける。
東京都の条例は地方に関係無いので、こうした現象が起きます。
食い入るように愛の賛歌を楽しんで読んでいた。
おませな少女の出来上がりです。

きっと家でもオネエチャン系に隠れ読みしているのでしょう。
オマセは下に伝播するのです。
伝染病みたいなモノですね。

お気に入りの作品を一気読みして、満足そうな顔して去って行きました。
誰にも語れないけれど、自己満足しているのでしょうね。
将来は恋愛体質のヤリマンになるかもしれない。
少子化対策には持って来いです。
 
きっと都条例を撤廃すれば、無暗に子供が増えるのです。
R設定も止めてしまえばいい。
世界に先駆けて、少子化対策を成功させれば良いのです。
ちょうどオリンピックが来るのですから、夜の街も規制緩和すれば良い。
たくさんの外国人がTOKYOを堪能してくれます。
艶系は、言葉を超えて世界を愛で包むのですから。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 

業務用の乾燥機 [道すがら]



ド田舎のコインランドリーは、ヤンママの溜まり場です。
でも子持なので危なく無さそうな感じです。
またマイルドヤンキーも来ていますが、険悪な感じはしません。
一番険悪なのは私かも知れない。

それはお使いを頼まれたと言うより、命令されたからですね。
自発的に生活へ関与していないのです。
 
思い起こせば三十数年前に都内で見たのが最初です。
都会には海外ドラマみたいな、横ドラムの洗濯機がある。
感心して見とれたものです。
それが十年程前から、田舎にも作られるようになった。

自分が都会に出た時も、今も景気が悪かった。
乾燥器のある洗濯機は、高級外車を買う様な行為です。
今も乾燥機付き洗濯機は、高嶺の花です。
業務用のエアコン並に高額な家庭用白物家電です。
 
自宅の洗濯機は八年くらい前に購入した、ヒートポンプ式です。
大奮発して購入しました。
ところが今ではその手の商品は更に高額で売られています。
景気の後退で売れないから、メーカーが商品整理してしまった。
新聞やマスコミでは景気回復が継続中と言うのですが、机上の空論。
現実世界の景気は、家電量販店やスーパーに行けば見えます。

家庭生活を他人任せで生きている人に、世間は見えません。
データとか統計は、どの様に収得するかで結果が変わるのです。
数字は嘘を吐きませんが、分析で虚偽を作り出せる。
それが統計学ですね。

だから天候不順が継続すると、洗濯物が乾かない。
特に収入の低い、少子化に抵抗している子沢山がヤンキーです。
社会問題も作り出すけれど、子供も考え無しに作ります。
すると洗濯物が乾かないから、コインランドリーに押し寄せる。
週末や休日は取り合いで戦争になるのです。
自宅に給料ひと月分以上の家電は買えない。
カードの審査も通らない貧困層も多いのです。
人生の縮図がランドリーに現れる。

かつての時代も同じでした。
東京で暮らしても洗濯機さえ買えない時代です。
テレビだって貴重品でしたから。
歴史が循環して戻って来ているのです。

生活に疲れたヤンママの視線を受けながら、使い方を教えて貰う。
寂しい中高年のオッサンが私。
業用乾燥機に百円玉と投入して、所内のルールを確認する。
昔と変わらないルールに頬が緩みます。
建物は小綺麗でも、昭和の世界が眼に浮かびました。
懐かしい青春時代に再突入。

昔はこうして段取りして、銭湯に行ってから回収した洗濯物。
同じように買い物をしてから、立ち戻りました。
ホカホカの洗濯物が待っていたのです。
テーブルではマイルドヤンキーが洗濯物を綺麗に畳んでいます。
生活の匂いが漂って来るようです。
平成のマイルドヤンキーには、男女平等の精神が生じているみたい。
ヤン餓鬼が、真面目顔で洗濯物を畳んでお手伝いしている。
昭和長屋の、不良家庭を再現しているみたいです。
そうした雰囲気の下町で、銭湯帰りに一杯ひっかけたりしたのでした。

少しだけ懐かしい雰囲気を感じつつ、ランドリーを後にした。
でも駐車場のヤン車を見て思うのです。
その自動車ローンを辞めて、洗濯乾燥機を買えと!
 
軽トラの助手席に荷物を載せて、家に帰る私です。
 



 

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 道すがら ブログトップ
メッセージを送る