So-net無料ブログ作成
検索選択
道すがら ブログトップ
前の10件 | -

練りに練り [道すがら]



物語の創作モードに入ると、常に何か考えています。
頭の中が静かになることはありません。
物語妄想を繰り返し、脳内で役者が演技して見せてくれます。
それを演技指導と試作を繰り返して、流れを決めるのです。
気に入れば採用し、今一つならもう一度。

場面の事は上記の通りです。
ですが物語の結末が重要です。
仮の終幕を考え決めて、目的地が定まります。
これでテーマが決まります。
テーマに沿った人物の行動が決まるのです。

このときに主人公が誰なのか決め起きます。
ドラマ優先でなく、人物の性格が重要です。
最終地に向けて動かなければ、役替え。
もしくは性格替えです。
平成時代の主人公は女性が良いです。
特に結婚適齢期の女性が好ましいです。

でも時代劇は別ですね。
ファンタジーやホラーなら男女同権採用。
現代劇なら女性優位です。
アクション物なら、内容に依ります。

昔なら何でも少年・青年の活劇が期待できました。
でも世の中が平和になると、男性は活躍できません。
せいぜいヤンキー作や暴力作品でしょう。
それ以外に活躍の場所が見当たりません。
 
現代のドラマ消費者は女性と老人子供です。
一般男性は消費者になりません。
マンガやアニメなら青年層が客です。
映画やドラマは女性目線が重要になる。
経済や生活が客層の必然を生み出します。
時代に逆らえないのが商業作品。

文学作品を書いても読者や視聴者がいないらしい。
現実的にそうなります。
引きこもりやニートくらいでしょう。
女性は無職でも家事手伝いですが、男は無職になります。
社会的扱いは男女同権ではないのです。

毎日パソコンの前や便所、風呂が創作の練り場所です。
良いアイデアは静かな個室で生まれます。
考えを練り上げるのは孤独です。
これが仕事や勉強との違いですね。

創作は無から有を生み出します。
脚色や潤色は有から実を生じます。
似ていますが別の行為です。
英語だとクリエイティブの一言になるのですが、違う作業だと思っています。
 
だから日本は人口の割に作家が多いみたい。
都市の規模が小さくて、田舎が多く、ド田舎が少ないのです。
それが特徴だと思っています。
 



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雲は流れる [道すがら]



詩やポエムではありません。
台風五号の到来を予感する雲の流れです。

日中は薄日が射して明るめの一日でした。
ところが夕方前から雷雲のような黒い雲が迫って来ます。
映画のクライマックスみたいな、空模様です。
風雲急を告げる空の実相です。
実際に嵐が来るのです。
雰囲気とか気持ちを表す表現技術ではありません。
マジ~って感じの空と雲です。

迷走した台風は発生して二週間以上の長寿。
三週間眼に日本列島諸島を暴風雨に巻き込み始めました。
東アジアの人間に厳罰を与えるかの如くです。
アジアの代表が日本ですから、連帯責任?
そんなイメージを抱いております。

気分的には、大陸や半島の連中に反省して欲しいところです。
でも神様の判断は人類の思考を超越しています。
こうして西日本から被害者を生じて、東に移動していますね。
神も仏もあったものではないです。
どうして私たちが?
そんな気がしています。

今夜から本格的な雨になるのでしょうか?
かなり心配です。
そんな気持ちを表す空模様ですね。
 



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の降らない日 [道すがら]



連日雨が降る日に慣れたようです。
今日は雲っても、雨が降る気配がありません。
そのことに違和感を感じてしまうのです。
雨に慣らされてしまったのでしょう。

猛暑・酷暑は嫌だと神様にお願いしていました。
すると冷夏の状態を与えて下さったのかと考えるのです。
科学的にはあり得なくても、スピリチュアル的にはOKです。
願いは叶えられたのです。
神に感謝するだけです。

しかしこの後はどうするのか?
元気な雑草駆除はするのです。
ものすごく暑い中に作業するよりましです。
草の発育だって阻害してくれています。
とうぜん野菜の発育も止まるというか、被害が出そう。

この後来週に台風五号や九号も来る?
また雨が降るのですし、自然災害を懸念するのです。
日本は既に十分な自然災害に見舞われています。
このままでは災害貧乏な国になりそうです。

ひと頃大騒ぎした公共事業停止も、今では間違いになりました。
河川整備や、ダムの建築は過疎地域の肝でした。
若者に就労する場所と、給料を支払う源だったのです。
それが無くなって地域に活力が無くなりました。
都市部に人が集まって、スラム化が進行しています。
年には仕事はあっても、住むところはありません。
人の営みは都会に存在しないのです。
あるのは経済活動だけです。
幻の都です。

何だか大昔に見たSF都市そのものです。
人間も小動物も同じです。
金持ちのペットの方が偉いのです。

力を持った金持ちが、貧乏人を更に虐げるでしょう。
既にオリンピックでその芽が出て来ました。
資本家が好き勝手に政治と経済を回して独り占めする。
そんな時代が現実に到来したのです。

空を見て、恵みは雨だけだと思い、ブログの切っ掛けにしたのです。
やがて雨は恵みを越えてしまうかも?
晴れたら人を焦がすような強い日差しが待っています。

今年の八月はどんな夏になるのやら?
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時間差の不思議 [道すがら]



時間は見えない柵のようですね。
ある時は遮り、ある時は放置する。
見えない仕切や柵を想像させてくれます。

基本的に問題や支障を発生させるのは人間です。
その行動が時系列で観察ると、流れが見て取れます。
流れの強弱を見ると、抽象的なものが具象化できます。
まるで柵や仕切があるように見えるのです。

人の行動は時刻で制御されます。
自発的な行動でも、冷静な他者がみると感じるのです。
まるで遠隔操作や自動制御のように、他発的に見える。
不思議ですよね。

人間は自己や人格、個性があると思い込んでいます。
ところが遠目で観察すると野生動物と同じです。
種の特性に従い、似た行動を採用して活動します。
そこには個性も性格も埋もれて見えません。

こうした行動様式を常識とか普通と呼ぶのですね。
そんなのフツー。
そんなことジョーシキ。
十代が使う、短絡的な無思考な発言です。

けっこう常識的な大人も使います。
何も考えないで行動できてしまう。
こうした習慣や因習は躾で学ぶのですね。
人間社会を問題なく、過不足無く過ごす知恵です。

これが息苦しくなると掟と呼ばれるのでしょう。
規範の行動は様式化されて、儀式に発展します。

朝晩の通勤ラッシュ渋滞も、この儀式や掟です。
通学模様も同じでしょう。
日常の行動範囲に、人の流れや所属も常識に縛られる。
非常識な行動をとると、犯罪予備群としてみられる。
それが非行防止や犯罪抑止につながります。

なんでも自由は存在しません。
何かのファンタジーやSFです。

時刻や時間に縛られて生きる人々の群。
これもファンタジーだと思えます。
渦中の人物だと、魔法が掛かった一人で違和感が無い。
でも外で観察する立場になると、悪趣味な手品です。
誰に指図される訳でもなく、似た行動を取り続けます。

常識を疑えとは、こうした考え方ですね。
時間に柵や仕切の効果があるのか?
少しだけ考えてしまいました。
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏休み開始 [道すがら]



学校のすべてに冷房が入ったのに、夏休みがある。
不思議だと思うのです。
設備投資は無駄だったという証明でしょうか。

昨今の日本は格差が広がる社会です。
先日に見たテレビで、経済の特徴を見て理解したのです。
自由経済を推進すると、必ず格差社会になると。
別の番組でも、自由経済の行き着く先は格差の助長。
自由で明るい未来は決してやって来ないそうです。

心理学の勉強会でも、研究者が教えてくれました。
いったん開いた格差は用意に改善されないと。
貧困の循環と、富豪の循環は途切れ難いそうです。
長年の実績データから、努力では改善しない貧困。
富の再配分をする必要性は必然だそうです。

そう考えると、子供に夏休みを与えることは悪です。
貧困家庭では冷房は使えません。
電気やガス、水道を頻繁に止まるのが日常です。
学校の給食が唯一の安定栄養源の子が少なくない。
夏休み明けに餓死寸前の子供が登校してくると聞きました。
おしなべて成長不良で、背も低いのだとか。

ならば学校は通年開校した方が好ましい。
劣悪環境で懸命に生きる子に、安心できる場所を与える。逃げ場所を確保できることは好ましいでしょう。
もちろん貧乏な故に虐めに合い、危険な場所なら逆効果ですけれどね。

青少年の非行率増加も夏休み末期です。
規則のある暮らしは、非行予備群を抑える効果がある。
長年言われてきたことです。
犯罪者になると更正は難しいです。
予備群の非行少年少女を減らすことは、治安を上昇し安定化します。
規律や規則は息苦しいですが、必要不可欠です。
自由は素晴らしいですが、野放図では危険なだけ。

社会不満がたまると、社会情勢は不安定になります。
社会不安定は信頼感を薄めてしまう。
相互不信は徐々に膨らんで、元に戻らなくなるのです。
そこまで行くと、後戻りできません。

毎年、夏休みが始まると不安に感じます。
結婚せずに子供のいない私が他人の子の心配をする。
変なことではありますが、それが大人の考え方ですね。
自分しか考えが及ばないのは、子供の考え方です。

暑さで少し、オカシくなったかもしれません。
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

曇り空に安心して [道すがら]



連休なのでノンビリ、まったりと行きません。
今日は早起きして草刈りです。
近所の人達も、似たような事をしています。
やっぱり田舎の人の行動は自然との戦いです。

街場の人はコンクリートやアスファルトで地面を覆います。
ですが田舎は土が露出しています。
梅雨前から彼岸頃まで、雑草が伸び放題!
草刈りや除草が夏場の習慣となります。

それでも最近の新築は全面舗装で庭もありません。
田舎の農家屋敷が解体されると4~6区画に分割されます。
不動産屋がこうして建売するのです。
2×4の建築構造で4LDKの寸胴建屋です。
これに車2台と駐輪場を設けて舗装してしまう。

草花好きの奥さんプランター栽培するくらいです。
庭いじりも家庭菜園もありません。
ド田舎に街場の常識が入ってビックリしたものです。
隣家の窓から隣の建物に手が届きそうです。
家の中も丸見えになりそうです。
周囲の風景も道路が見えるだけ。
田舎の土地が安いだけで、自然風景が欠乏しています。

なので子供が居ても、道で遊んでいません。
毎朝子供の通学を確認しても、夕方外で遊ぶ様子を見たことが無い。
そして女の子は、メガネをしています。
幼児の頃から目が悪くないような生活をしているのでしょう。
成人の頃にはド近眼になってしまう。
これでは世間が狭くなるばかりでしょう。

人間は見えている世界が世界の全てです。
視界の広さが世間の広さです。
目が悪くなると、思考も狭く近くなるばかり。

それはそれで良いのかも知れません。
ですが遠くまで見えている人と、認識の違いを一生理解できない。
思いの外、成長期の五感は認識を限定するものです。

早起きして草刈りをしながら地面を見ています。
腰の痛みに背伸びして空を見上げて驚くのです。
足元と空の広さを実感し比べてしまう。
狭く深く見ることと、広く遠くを見る両方を知るのです。

汗を流して辛い作業ですが、修行と認識なのだと実感します。
暑さに苦しんで拾う何かですね。

面倒な場所には除草剤も撒きます。
基本は鎌で植物を切り倒すのです。
殺生をしながら何か無心にもなります。
喉の乾きや汗の流れも忘れてしまう。
心と頭が空っぽになる瞬間です。
この時に何かが降りて来ます。

創作活動をするには、肉体労働と思考労働の両輪が効果的。
実体験から、そんな気がするのです。

今日は一日中薄曇りで良かった。
そう思いした。
 




 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時間浪費の連休土曜 [道すがら]



日中一番熱い頃にスーパーへ行きました。
すると駐車場に車がほとんどありません。
通常の土曜日だと大混雑のはずです。

やはり連休の始まりは、通常生活と少しだけ違うのですね。
連休の中で分散しながら買い物に出るのでしょう。

途中でコンビニも寄りました。
すると駐車場が車で一杯です。
けれども店内に客の影が少ない。

店内から駐車場を見ると、運転手が中に居ます。
何かの時間調整で駐車場待機でもしているみたい。
買物しない迷惑な客の群れのようでした。

やはり日常の延長に無いのが連休です。
人の行動が読めません。
私は何時もの通りに行動するだけです。
何処かに遊びに出る用事も約束もありません。
これが貧乏人の定番行動です。
余暇の時間はあっても無駄なお金はありません。

自分も一緒に迷惑客になって、店内で立ち読みです。
立読み客がいると客が安心して集まるらしい。
昼涼みしながら自宅の省エネを図ります。

何処かの図書館や公民館で涼んでも良いかも?
朝から日暮れまで読書や書き物すれば、体力の温存です。
無駄なお金を使う必要もありません。
誰も利用しなくても空調は動いて、職員もいるのです。
ひと気がある方が好ましいかもしれません。
 
今日も猛暑の一日でした。
梅雨明けしなくても、梅雨明け状態。
今年は4月末から真夏日が連続しています。
地球人類終焉の日も近いことでしょう。
異常気象に勝てる理由が無いのです。
 
地球温暖化で熱帯植物が育つなら、実験転作も良いかも?
何か植えて収穫して、家計の足しに良いかも?
パパイヤ、マンゴーが育つ?
珈琲やオレンジ、月桂樹が育つかな?
温州ミカンやお茶は、今では間違いなく育ちますからね。

すでにニガウリやズッキーニは定番作物化しています。
バナナやパインも育つ可能性が高い?
ちょっとだけ夢が膨らみます。

カラカラで水が少ないから、陸稲でも栽培してみたい?
チャーハンやパエリア等の、直煮え米料理も行けそうですね。
もう昔の様な炊飯でなくても、食事は様変わりしています。
炭水化物が食べられれば良いのですから。

貧乏だと工夫意欲が増すから、発想・想像に最適です。
創作活動に先進国型の貧乏は、必衰でしょうね。
 




 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

当てにならない空模様 [道すがら]



毎度のことですが、天気予報が当たりません。
梅雨ですがスッカリ夏模様です。
これで7月に入って梅雨明けでしょうか?

出かけ際に傘持つ人が多かったです。
ですが昼には良く晴れました。
湿度で暑苦しいですが農作物の喜ぶ晴れです。

自宅の地域以外では雨の様子がテレビからわかります。
地域限定の晴れなのでしょう。
気まぐれな梅雨の天気様のおかげですね。
文句を言わずに直射日光味わいます。

安定しない天気をよそに明日は金曜日。
空を見上げて苦情の記事を書いたら週末です。
時間の流れは速いものです。
早く年を重ねるばかりです。
 



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

強い雨の一日 [道すがら]


天気予報通りに強めの雨が降りました。
洪水の気配は無くても水溜りは溢れていましたね。
通り雨以外の雨は久しぶりです。

でも明日は晴れるらしい。
暑くなるのも考え物です。
雨降り後は蒸し暑いのが定番ですから。

建物の中は冷房する室温ではありません。
だから動いたり力を入れたりで脂汗を流しました。
汗のにおいがオッサン臭いです。
暑くて普通に汗が出るとこうなりません。
中途半端な気温がもたらせた結果です。

着ていたものを良く洗って気持ち良くしたい。

そう思うのです。
 



 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日の光と川風 [道すがら]


日中居る場所が変わって川が近くになりました。
洪水になると困る川も山に近いと下になります。
大昔はそれで稲作ができなかったみたい。
でもこの数百年の苦労で用水が作られました。

昭和の戦後はその苦労を無にしてしまいました。
工業国の日本は農地を工業団地と従業員宅に変えました。

それでも太古からの川風は健在です。
近い将来人類が絶滅しても変わらないでしょう。
数千年の時を経ても川風は吹くのだと思います。

木陰で気持ちの良い風です。
 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 道すがら ブログトップ
メッセージを送る