So-net無料ブログ作成
驚いた事など ブログトップ
前の10件 | -

不穏な気配 [驚いた事など]



今日は台風21号の接近する予定日です。
伊勢湾台風並みの、超大型で強力な台風だとか。
雨が断続的に強弱をくり返して降り続いています。

日記を確認したら、秋雨は先週の木曜夜からでした。
以来一度も雨が止んだことが無いみたいです。
これ程継続したのは9月の長雨でも無かったです。
何処もかしこも地盤が雨を吸い込んで、ユルユル状態です。
 
住居は高台で周囲の河川も低い場所です。
山も遠くに在って、土砂崩れも洪水被害も無い地域。
戦前は水不足で米の出来ない地域で、捨てられたような場所だった。
そう思えますが災害には強いから、現代では好ましい地区でしょう。

だからと言って安心はできません。
風が抜けて行きますからね。
昨今では耕作放棄地が太陽光発電所に変身しつつあります。
強風で壊れて電気火災にならないか不安です。
電気は見えないから怖いです。

特に台風一過の後で、破損した電池がどうなるのか?
消防災害で火災時の屋根の発電パネルが危険だと、報道されていました。
文化文明の進化は、新しい災害や面倒を作り出しますから。

後は神様仏様に祈って、災害が無い事を願うだけ。
日ごろの行いが好ましいから、願いは届くことでしょう?
 
感謝しております。

それと選挙には行きました。
雨の薄い時を狙って投票所に行ったのです。
選管の人達も大変な時に役目を負ったものです。
ご苦労様でした。
 




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の中でさえも? [驚いた事など]



夢の中では王子様、お姫様で英雄だったりする。
少年少女向けのお伽噺等は、この手の類です。
夢の中なので、力も勇気も無限大で疲れ知らずです。
 
実際にはそのようには行かないモノ。
この場合の実際は、概ね現実界を指すモノです。
でも創作者の私だと、私見の実際は夢も現実も同列です。

こう書いてしまうと、危険人物や病気の人みたいです。
夢と現実の境界が消失した、精神疾患者の疑いが生じます。
ノイローゼだとか、解離性人格障害、統合失調……。
その危険を孕んでいながらも、書き著して置きましょう。

そうしないと記憶や経験の整理が着きません。
創作活動の支障にも成ります。
妄想癖の一般人ならそれで困るのでしょう。
でも芸術肌には、整理を付けて次作に活かす重要な思考です。

自分の経験では、就寝夢でスーパーヒローになったことは無いです。
スーパーヒローだったらと考えられるのは、日常の暇な時だけ。
『夢は寝て言えと』書いたりする私ですが、寝ては夢を描けません。
夢で英雄に成れる人を、心底羨ましいと思えます。
高揚感や絶頂感を、夢の中でも味わえるのです。

自分は現実界でも、夢の世界でも問題や迷惑な事柄ばかりです。
夢の内容は起きて忘れているけれど、雰囲気だけは覚えています。
嬉しくて飛び起きた経験はありません。
飛び起きる時は、とても危険な目に遭遇した時だけ。
あとは尿意ですね。

起きて空想する以外で、善い目を考える機会は無いのでした。
だから起きて文字化するか、絵画化するかだけ。
もう一つの選択肢は、忘れるかです。
3種類しか、好ましい思考法が存在しません。
常に不満と恐れを抱いて生きています。

だから寝ても起きても辛い訳です。
回避するには空想世界を想うしかないのです。
創作活動は、嫌な事から目を背けるに重要な技です。
なのに課題作や投稿作品は、絶望へ進む重苦しいモノばかり。
集英社の少年ジャンプみたいに、勇気・努力・友情は夢のまた夢です。
逃避・苦悩・絶望といったところです。

そんな作品では、コンテストで優秀な成績を望むことはない。
何処かで登場人物が困難を経て、幸せな終わり方を描く必要があるのです。
大衆文化は常に、暇潰しへの代替品です。
水戸黄門みたいに、最後に悪者が退治されて苦労人が助からねばならない。
書こうと思えば書ける流れなのに、手が拒否するのです。

自分ももしかしたら、努力の果てに成功する事実を拒否している?
失敗して苦悩し、絶望して果てるを善しとしている?
だから現実世界でも、夢の世界でも苦労のし放題。
困難こそが好ましい人生だと思い込んでいるのでは?
そう考え至るのです。

全ては既に巧く行っている。

そうだとしたら、何をするのも最後で躓くのは当然です。
成功を現実でも夢でも、完全拒否しているのです。
現実逃避の世界だけで、成功を夢見ている。
二対一で負け確実でしょう。
 
何か考えや行動を曲げて、成功を要求せねばならない。
潜在意識が不成功を願っていては、成功や活躍を望めないでしょう。
努力の為の努力を、未来永劫続けるだけで、人生が終わる。
それは避けたいと、心底思うのです。
もう十分に不成功を味わったのです。
人生の終盤は、笑って成功を手にしたいものです。

さて、どうやれば方向転換できるのでしょうか?
調査開始です。
 



 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お日様待ち [驚いた事など]



今日は朝から雨です。
昨日の晩から降り続いていた雨です。
それも出掛ける前には止んで一安心。

でも南関東では避難警報が出ていたようです。
こんな天災の時に国会を解散してしてしまうとは!
情けない与党に、誰が投票してつけ上がらせたのやら。
 
大震災の後に、私は国民の人達を愚集だと罵って書いていました。
いろいろと理由があるのですが、基本的に民主主義は愚集政治です。
政権を担う国会の人選を常に間違うか、放棄して文句を言うだけ。
真っ当な国にするなら、民主主義の問題点を理解するべきです。

でも他の主義主張も、所詮人が考えた愚作主義です。
良いモノなんてありません。
その点を嘆いて、25年ほど前に孔子が理想の国家は君子が納めるべきと提唱した。
その発言の数々を弟子がまとめて編纂したのが論語ですね。

そもそも君子とは神に近い国家元首・帝王のこと。
神話・伝承の世界の人物で、国も国家も存在しない。
孔子も政治学者でなくて、祭り事の起源を調べていた学者で執務者です。
今で言うところの、自己啓発の講師みたいなもの。
ビジネスセラピストのみたいな人です。

結局は人の成すことは大差無いし、大した事も出来ないのです。
誰が政治家になっても同じとは、こうした結果から導かれた実感です。
7千年も前から、人類は国家を作っては消滅して来たのです。
特別に何かするたびに、国の寿命は短くなるだけ。
手術したために寿命が短くなった、末期の患者みたいなモノです。
改革だと叫ぶ毎に、国の寿命が短くなるだけ。

今度の選挙で大改革が起きたら、末期かも知れません。
するべき事は改革でなくて修正です。
腐った部位の膿出しか切り捨てなのです。
改革すると死んでしまうかも?
 
声高に改革と言えば、テロか革命以外に方策は無いのです。
弱いモノが痛みを増すだけで、結果的に弱者殺しです。
強いモノは馬鹿で、世間を見定められません。
何か言っても戯言だと、落ち着いて考えれば見えて来ます。
 
今まで胡散臭い行為をした者。
出来もしない事を叫ぶ者。
顔の歪んでいる者を排除すればいい。

妙に納得し易い意見は詐欺です。
見た目が良くても中は腐っているでしょう。
選挙演説もオレオレ詐欺みたいなものです。
中身に違いは無いでしょうね。



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

老化劣化の進行 [驚いた事など]



若い人でも、もっと若い人から見れば老人です。
自分でも20歳の頃と、25歳、30歳では違いが明確。
まして50代ともなれば、気力体力とも不足がちです。
 
最近はパソコンの稼働が上がって、目に悪いばかり。
30年前はワープロだって事務所に固定でした。
20年前に家庭ワープロが最盛期でした。
直ぐに家庭用パソコンが普及。
西暦2千年頃にはワープロも消滅。
10年前にはスマホが現れて、5年前から主流です。

目に良くない事務機械が、老化を加速してくれます。
そして屋外にも機械が出て来て、目だけでなくて手にも悪い。
先日のテレビで『スマートホンサム』と紹介されていました。
スマホの親指入力で腱鞘炎を起こす症状だそうです。

事務系も家庭系も電子情報伝達機械は、体に良くない事ばかり。
酷使された身体の一部は、疾病劣化が進みます。
老化現象が顕著に表れるのですね。

こうして毎日ブログを更新していますが、目に悪いだけ。
毎日の習慣ですから、心や気持ちの負担はありません。
でも近視や遠視、老眼が進んで行くのです。
 
キッチリとケアして、体の負担を減らすべき。
生き甲斐になった創作活動も、心のままに打ち込むのは禁止です。
身体負担を感じたら、我慢して中断して持越しです。
気分良く打てても、翌日に疲れて何も書けなかったりします。
出来も良くないから、作り替えも多発です。

手書の原稿も、自宅で簡単デジタル化が可能な時代です。
原稿用紙に手で書くのも気持ち良いものです。
筆記用具の進化が著しいから、書き味もよろしい。
執筆の手段が増えて嬉しい現代です。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

来た来た詐欺が来た [驚いた事など]



朝に携帯電話に詐欺メールが届きました。
心当たりがない請求メールでしたから、大爆笑。
心当たりのある人には冷や汗の事でしょうね。
 
こんなのに騙されても何なので、地元警察署に電話しました。
番号が分らないので110番です。
例の「事故ですか事件ですか」を初めて聞きました。

事の内容を話して、地元警察の番号を聞いて掛け直しです。
警察署の代表受付電話番号は、0110ですね。
これはどこでも共通みたい。

電話口に出た担当に経緯を話して、自分の氏名住所を伝えました。
携帯に届いた相手番号と、書け直し番号を伝えたのです。

警察から言われたのは、迷惑番号登録すること。
知らない電話番号に返信しないこと。
電話が連続着信しても無視することです。
相手を煽るのは危険です。
無視が一番。

それと着信した電話番号は警察に連絡した方が良いですね。
イタチごっこですが、警察に連絡して犯罪抑止の、手続きして貰うべきです。


ビジネス行動では電話に直ぐ出るべきです。
でも現代は電話に対応しない。
留守電聞いても、該当しないのなら処理しない。
脅されても無視。
記録は残して、警察に相談する。
自分で何とかせずに、専門家に一任です。

小説やテレビの様に、華麗な処理はあり得ません。
何事もドロドロ、ノロノロ、グチャグチャ、モタモタです。
進展せずに停滞するモノです。
弱みを見せず、毅然とすること。
慌てて騒がない事ですね。

普段から如何わしい事を見聞きせず関与もしない。
誰彼構わずに喧嘩を売らない、苦言、クレームをしない。
心清らかにまやかしに捉われない。
こうした生活が、後ろめたさを消し去るのです。

安易に流されず、邪念に捉われない生き方。
これが災いを遠ざけるようです。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

それでも蚊は飛ぶ [驚いた事など]



藪蚊も品種が変化したようです。
網戸の目と比べ、倍くらいの蚊が飛び回っています。
先月に盛んだった、黒白縞の蚊が減りました。
もう秋で越冬準備しているのでしょうか?
弱い虫は春先や秋に隠れるように現れる気がします。
 
庭の中や雑草の茂みで鳴く虫も秋虫が主流です。
大きなバッタも何処へやら?
田んぼでイナゴが現れるように、小型の虫が秋の模様です。
 
先日書いた桜の木も、落葉が黄色に色づいています。
路肩に黄色い葉が多く落ちています。
台風で飛散した落葉な業者が掃除しています。
今落ちているのは自然落下でしょう。
 
畔の緑も、彼岸花で真っ赤。
しかも枯れ始めて脱色系の白が増えました。
花の寿命は短いから、そろそろ枯れてお終いですね。
白彼岸花は近所に生えていませんから。
 
風の中に金木犀の香りです。
探してみると花が微かに色付いて黄色くなりつつあります。
来週当たりに良い香りを振りまいてくれるでしょう。
これで秋の準備万端。

自宅のコスモスは夏の除草剤で一緒に枯れて終わりです。
来年は生えて来ないでしょうね。
菊も未だ未だ成長中。
猛暑の影響と長雨で育ちが悪いみたい。

夏の草であるホウズキは色付いて、菊の谷間で良く見えません。
丈の勝負で夏はホウズキで、秋は菊の勝ち名乗り。
これも順番ですね。

呑気に眺めていると、小さな蚊に刺されてしまう。
チラリ見して退散します。
それが秋の花鑑賞のようです。
 




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これは風評被害だな? [驚いた事など]



埼玉と前橋でO157事件が起きました。
患者も埼玉と前橋の特定店舗系列です。
それなのに高崎のスーパーからポテトサラダが消えたのです。
前橋にある大型店舗では、その兆候は見られません。

店舗の店員に「サラダは?」と聞いたところ、ニヤリと笑って黙ったまま。
直感で「高崎の件でアレ?」と訊ねると、軽く頷く。
いつ再開かと聞いたら「売れないから不明」と言われました。

郊外の旧町内ですから田舎町。
そこにある地元系ローカルスーパー。
客層はジジババ暮らしか、三世代同居です。
店は三チャンと小学生以下ばかりです。

患者の出た地域より、製造大元の工場の地名を連呼するNHK。
O157が見つからなくても、高崎高崎と全国放送で連呼しています。
まるで高崎にO157があるかのような口ぶりです。

あのニュース文面だと、捏造してでもO157を探せと聞こえます。
保健所は厚生労働省の管轄です。
NHKとしては予算規模の大きい厚生労働省の不正を見つけたい。
火の無いところに火付けするのがマスコミです。
警察だと別件逮捕は違法ですが、マスコミにはありません。
NHKは自分の価値観で、誰かを犯人に仕立てたい。

BBC制作の「シャーロック」という人気テレビ番組が在りました。
第3シーズン最終話に、マスコミ王が出て来ます。
終り際の決まり文句に背筋が凍った方も多いでしょう。
「証拠は要らない」と嘯きます。
裁判や逮捕・起訴のような確証は要らないのです。
それらしい事実が有るらしいだけで充分なのです。
そうして「対象者」を恫喝するだけ。
視聴者は事実なんて求めない。
雰囲気だけあれば犯人を作り出せるのだと。
そうして権力を脅して、富を築く。
何か脅迫する事実を捜査されても困らない。
手元に「証拠」は無いのだから。

こうなると逮捕・拘留もできません。
立件できなければ警察の誤認操作と冤罪確定。
二度と「誰も触れない権力者」が生まれるのです。
そうして実績が王として君臨しうる力になる。
誰も立ち向かう術も無いのです。

深夜にこのドラマを放送したNHKが、犯人ねつ造を企んでいる。
そのように思う私が要るのです。
自分が創作活動している分だけ、想像力が膨らんで、そのように考える。
言葉の端端に敏感になるのです。
この「文面構造主義」が小説であれば読者をミスリードします。
映像なら「モンタージュ」を使って、犯人をデッチ上げる効果を生みます。
ラジオなら単語を連呼すれば、サブリミナル効果と洗脳を可能にします。
使える手法を駆使して、ドラマを作るのです。

だから原因を特定できなかった工場所在地が高崎。
監査に向かった保健所も高崎。
高崎の連呼で風評被害が作り出せた。
高崎に罹患した患者がいないのに、買い控えしてポテトサラダが売れない。
販売者も売れ残りが恐くて作らない。
欲しい人は迷走するのです。
前橋や渋川に行けば、ポテトサラダは買えます。
サラダ目的で数十キロ車で移動するしか手がありません。

公平・公正・中立だと嘯くNHKの面目躍如でしょう。
これで保健所や製造業者、検査機関の不明朗な関係でも見つけられたらスクープです。
予算を沢山使う厚生労働省や大臣を叩く理由が見つかります。
大山鳴動し鼠ならぬ、ミミズくらい見つかりそうです。

こうして確たる証拠など無くても、ニュースが作れて報道特集が組める。
企業広告の殆どないNHKなら大きく番組を作れる。
作ったディレクターは社内で英雄です。
有名大学のトップ卒業生は官公庁にいます。
少し劣る人物がNHKなどの外郭組織にいます。
鼻を明かせて復讐したい人にスクープは麻薬です。
名も知らぬ庶民愚民は眼中に無いのが、エリートの思考です。

自分はマスコミのヤクザ取材を目の当たりにした事があります。
中途半端なエリートに、良心は存在しないと知りました。
だから報道の事実の裏を予想する癖があるのです。
どうやって人にインタビューしたのか、考えて見るのです。
悪い方に考えると、辛く悲しい気分になります。
 
スーパーの惣菜コーナーで考えた雑感を書きました。
良い方に考えると、どうでしょうか?
そうした傾向の考えでは、作品作りが出来ません。
せいぜい学校放送の記事か広報くらいです。

人間は暗く悲しい悲惨な物語を欲しがるのです。
隠された何かを覗き見したい。
それが大衆なのですね。
野次馬思想なのです。
恐いですね。
人は心に鬼を棲まうのでした!
 




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逃げ出す準備 [驚いた事など]



前に本で読んだイタリアの格言だそうです。
「地獄の底を掘れ」

地獄の果てまで逃げるという格言があります。
イタリア式だと更に地獄の地面を掘ってでも逃げる。
イタリアらしい楽しげな例えですね。

でもダンテの「神曲」には地獄の底にコキュートスと呼ばれる極寒の地があると思います。
初めの方には神に逆らった巨神族が鎖に繋がれている。
その奥には悪魔が凍り浸けに閉じこめられている。
更に奥は天国につながる道がある。

地獄の底の底には楽園への道があるのです。
何だか楽しげです。

まあ地獄にまで逃げたくないですけれどね。
 




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レンズ効果で [驚いた事など]


この時季の雨は局地的ですね。
朝起きて何ともなかったので理解できませんでした。
それ程遠くない地域に雨が降った事実をです。

何時ものように車で出てから道の端に水溜りがありました。
最初はバケツの水を捨てたのかと思ったのです。
幾つも水溜りを散見して雨だと気が付いたのです。

朝の空は晴れて雲もありません。
夜明け前に降った雨でしょうね。
最近は夜明け頃に一度目を覚ますのです。
この時間帯に雲が流れれば気が付きます。

その雨の洗浄効果で朝の青空が綺麗でした。
そして帰宅時に周囲の山々と遠方の山が大きく迫っていたのです。
絶妙な水蒸気がレンズ効果を生み出して遠くの景色が見える。
見えるはずの無い放射線下のところまで見せてくれるのです。

こうした奇跡があると平地から富士山が見えたりします。
今日は見えませんでした。
ですが一生の内に何回か富士山が見えるでしょう。
日本の象徴の富士が見えることは嬉しい出会いです。
何物にも代えられない僥倖です。
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寝太郎のサスペンス感 [驚いた事など]



何だかテレビでサスペンスを見て一日使ってしまいました。
大昔は自宅にまったくいなかったのが嘘のようです。
完ぺきにヒキコモリ状態ですね。

この十数年ほどはテレビも天気予報とニュースだけ。
ドラマやバラエティーはスルーしていました。
それが毎週末のサスペンス再放送が楽しみです。

創作活動用に勉強のためと考えて見るようにしたのです。
昔はサスペンスで犯人で早めに犯人がわかって興ざめしてました。
わかるように作られていると知って驚愕したのです。
脚本の勉強しに教室へ通って理解したのです。
 
最近のサスペンスは犯人がわかり難いです。
そのために途中から見ると話しの筋さえわかりません。
原作者が怒るから筋道を作り替えられないのが原因です。
これが著作権から派生した負の現象だと知りました。
文学界の変化も一端を担っています。
 
文学界の平成サスペンスと昭和サスペンスは作りが違います。
求められている中身も違うからです。
より高度になって難解であり作者の特異点を求められます。
これは専門性と天性の才能を要求されます。
マニアを養成してヲタクを作り出す手法です。
作家も読者も専門家になってしまいます。
一般人を置き去りにしてしまうのです。

こうした現象は暇潰しの客を排除して業界が衰退します。
才能賛美を奨励すると起きる現象です。
負の遺産として客層が先鋭化して暴徒化しやすい。
ネットの炎上と同じくサイト利用者が減ります。
公共性を失い右傾化左傾化を招いて最後に倒れます。

昭和からのブームの衰退を分析すると理解できる現象です。
そこそこ、まあまあ、こんなもの、いいんじゃないがキーワードです。
こうした声なき声を汲み取るべきです。
声を大にして叫び騒ぐ人は一部でしかありません。

分量の高を誤り判断を間違えさせます。
クレーマー養成を助長するだけです。
赤ん坊の泣き声と同じです。
騒ぐと得すると勘違いする行為ですね。

サイレントボイスに耳を傾けないと市場が崩壊します。
そうしてテレビから二時間ドラマが消えてしまった。
今は一時間ドラマだけ。
実際の尺は四十分です。
四十五分ですらありません。
暇潰しにならないのですね。

素人タレントがプライバシー曝け出しても嬉しくありません。
それが大人の男性の考えです。
知りたがるのは若い女性と子供ですね。
それでテレビは市場調査して若い女性層に向けた番組を作ります。
ますます男はテレビを見なくなる。
協賛企業は女子ブランド企業だけになるのです。

ところが女性は価格に敏感なので物は売れません。
だから企業だってお金を払えない払いたくない。
テレビやラジオの民放は立ち行かなくなるのです。
日本の人口の三割しか相手にしないからです。
老人はテレビを多く見ますが出費を控えます。
老後が心配だから当然です。
民放の存在が基盤から崩れているのが現状です。

自分も近い将来に高齢者になって消費をしなくなります。
数年前から消費者として瀕死状態と言っていいです。
衣食住の最小限だけの消費行動です。
余暇や余剰に敏感です。
要らない蓄財を放出して趣味も無効化しています。

テレビの前でつまらない考えをまとめていました。
このような思考がないと面倒な作品を作れません。
頭が悪いのに面倒な事に向き合うのです。
自傷行為に似たものだと呆れるのでした。

先日は簡単指向な童話を考えてみました。
素晴らしく感覚が頭に閃いて気分良かったですね。
涼やかな風が脳内を駆け抜けて行くようでした。

昨年にベタベタな物語を習作したときも気分良かったです。
人が気持ち良くなるのは綺麗に汚物が抜け落とせたときです。
あまり捏ねてドロドロになると残留物が残ります。
排出前に発酵して臭いがキツクなるようなものです。
それに考え過ぎるとノイローゼになるでしょう。

思いの外危険な行為が創作活動です。
気晴らしになる昭和のサスペンスが恋しいですね。
心地好い観覧を体験したいものです。
 





 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 驚いた事など ブログトップ
メッセージを送る