So-net無料ブログ作成
公演の想い ブログトップ
前の10件 | -

通り抜けた道だから [公演の想い]



プロの世界とアマの世界の双方で芸能活動を齧った私。
現在進行形でタマゴ女子と会話する機会を得ました。

自分の通り抜けた苦労をそのまま履修しています。
愚痴や怒りの言葉を多く聞くことになりました。
人生経験は業界が同じなら同様に経験するのですね。

子供の世界観と大人の世界観を見て育つ子役です。
子役事務所登録でないことが彼女を更に苦しめているようです。
事務所のフォローが行き届いていないのも理由でしょう。
そして話を聞く分には相当な天才肌のようです。
メンタルの強さも理解力も実年齢を超えているようです。

逸材だと思うのですが周囲はそれに気が付いていない。
生まれ持った素質は相当あるのですが華が無い。
プロの芸能界はある意味華だけの世界です。
訓練して身に付けるのは華の無い人。
持って生まれた才能だけ。
それを天与えた才能で天才と呼びます。
苦労して身に付けるのは経験と技能です。
似ていますが全く異質のものです。
これはスポーツにも当てはまりますね。

文芸にも当てはまるでしょう。
自分は後者であり苦心惨憺しています。
才能が無いのを努力と工夫で何とかしようとするのです。

でも身の丈が見えれば悩みは減ります。
悩むのは才能以上のことをするから生まれます。
才能範囲で収めれば良いのです。
そして経験を積んで伸びた分だけ理解します。
手持ち分の範囲で行動すれば無理が無いのですね。

天才には苦労が必要です。
簡単に才能を使い切ってしまうものです。
互いに切磋琢磨する世界は消耗が激しいのです。
華は花なので必ず枯れます。
技が身に付けば一生ものです。
ここに違いが生じます。
努力は裏切らないというのはこの事例でしょう。
だから生き残るは凡人です。
天才は記憶に残っても身は残りません。

そんな事で才能のある女子との会話は楽しいのです。
持てる力で人生を一気に突き抜けます。
まるで漫画の主人公の様に生れ付きから常識外。
そんな人がいるのかと神の采配に驚くばかり。
皆が必要な物を生れ付き持っています。
無いのは経験だけ。

でも一期一会でサヨウナラして置きました。
縁があれば再開するし無ければお終い。
それで良いのです。

こうしてブログのネタになりましたから。
アリガトウと言って出会いの妙に感謝して置きます。
 



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

予定を入れると固まる心 [公演の想い]


日中の真ん中くらいに予定が入っていると、前後の身動きが難しいですね。
何をするにしても、時間の制約ができます。

そこで活動的に動ける人と、そうでない人。
私は後者ですね。
身動きが取れなくなります。

これを無縛の自縛とか言うのでしょうか。
見えないロープで、自分を縛るのです。
確か一休禅師の言葉だったかな?
調べていないので、興味があれば調査して下さい。
不正確で適当な引用ですね。

でもそれでいいのです。
言葉に捉われて自分を縛れば、言葉を知った意味を失います。
物事に捉われやすく、悩み苦しんだからこそ、解放した心です。
もう一度縛っても仕方ない。
適当、出鱈目でも構いません。
国語や歴史、仏事の試験をしている訳では無いのです。
縛ったロープを解いて、自由を得ることが大切だと考えたのです。
言葉の意味合いをしって、実行の移せばよい。
それが御仏の心に沿うことですね。

この考え方は、哲学やアドラー心理学にも通じています。
自分で自分を縛るなと、戒めているのです。
自分で決めておいて、他人のせいにするなという意味があります。
世間とか、世の中とか、空気や慣習、因習に惑わされると決めたのも自分です。
他人が強要していないのならば、自分が決めたのですからね。

そう自分で書いて置いて、日中の予定に縛られてしまいました。
予定を遂行すると決めたのは自分です。
予定を破棄する手段もありました。
行くと決めたのは自分です。
行ったら楽しめばいいだけです。
有意義にすれば、尚嬉しい。
 
前後の空き時間は、大好きな空想や瞑想して過ごしていました。
更に片付けとかもしたのです。
捉われの心を開いているのが、今の自分の活きる方策です。
すると決めた事を大切に思い、大事に扱えば満足です。
 

さて次の予定を立てましょうか!
 





 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

吹き抜け [公演の想い]


教会とか大きな結婚式場。
文科系ホールやホテル等には『吹き抜け』があります。
近年の鉄筋コンクリート作りは、パネルが硬い防炎系。
そんな場所で楽器演奏や歌を披露すると、よく反響します。

これが曲者で、善い時は好ましく、悪い時は落胆するのです。
ソロシンガーなら結構なことですが、室内楽やコーラスに影響が甚大です。
天使の囁きが、悪魔の鉄槌になったりもするのです。

今回は悪い方に出ました。
声が乱れる元になったのです。
混声の他のパート音声が、聞き取り難いだけになりました。
これが恐いのです。
皆で力合わせが、皆で混乱するだけになりました。
歌い終えて、ガッカリしたのです。

こればかりは、現場で歌ってみないとわからないこと。
伴奏やパート音声は、人数構成で効果が変わります。
同じ場所で再演しても、人数構成や配置で大きく変化するのです。
大混乱の元ですね。

反響効果の強い場所は好ましいですが、取扱注意です。
思わぬ結果に、強い印象を持ちました。
貴重な経験に成ったのでした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後片付け [公演の想い]


芝居で使った小道具や衣装の片付けです。
昨晩に早速、衣装を洗濯機に入れて洗いました。
真夏の汗で匂う、オッサン臭の衣装。
今迄何度も洗って使い、体に馴染んだ衣装です。
少しクタビレタ感が滲んでいます。
善い味が醸し出されています。

そして身に着けた小道具や防護具類。
出した場所に順次しまい込んだり、つけ直しをしました。
新品買わないで、極力代用品で収めたのです。
省マネーで、手間を掛けました。

運搬した籠も元の使い道に戻し、片付け終了。


芝居の終った感が心地いです。


これにて役者である私も終焉です。
演劇も片付け終了。

掛け持ちして頑張っている創作活動を、本格的に再開します。
いろんなモノを掛け持ちしているから、柱が一つ消えただけ。
無駄に忙しいのは、何も変化ないのです。


お盆終わりに、全て舞台が終わり息抜きできました。
でも気持ちの整理が上手にいきません。
以前もひと月くらい、調子が出なかったです。
冬場だと熱出して、風邪や花粉症が悪化して難儀しました。
心身共に疲労困憊したものです。

今回は怪我と疲労だけ。
病気は伴いませんでした。
怪我は古傷の悪化なので、何年も養生しないといけません。
基本的に治りませんから。
騙しダマし生きて行く訳です。



もう辞めた筈の、芝居に取り組んで一年。
長くて短い一年でした。

この出会いと別れは、誰かの為なのだろうと思ったのです。
自分の為に出会えた事業では無いみたい。
自発的な希求が一切ありませんでした。
誰かに何かを届けるための出会いだったと思うのです。
それが何んであるか、一切わかりませんでした。
誰かにどのような効果を与えたのか、理解できない。

雲を掴むように初めて、何も掴まずに終えた。
だから誰かに何かを与えた筈です。
それが何であったのか?


後でわかるか、延々にわからぬのか、どちらかですね。


自分にとって実り少ない一年でした。
失った物は数多く、驚くくらいに失って来たのです。
でもスッキリしています。
心の断捨離が進んだのでしょう。
何か拘りの部分が削げ落ちた気もしています。
病理が切り取られたのかもしれません。
『芝居』という病からの治癒かも知れません。
一つの芸術技法からの脱却。

その様に考えて置くことにします。



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公演完了 [公演の想い]


公演が終わったら終了でしょうが、追加公演まで終えたので完了。
すべて終えてホッとしています。

自分もやり切った感覚があるので、喪失感とか悲しみも無いのです。
満足感と疲労感だけです。
初めての経験ですね、この達成感は。

自分ができる最高の努力をすると、こんなにアッサリするものかと思うのです。
涙、泪の日が暮れるみたいな感情がありません。
所々に無意味なミスがあって、悔やんだりした練習もありました。
でも終盤に来て一切の妥協を排除して、すべてを込めて見ました。
生活や仕事も趣味の全てを排除して、舞台に掛けてみた。

現実の世界に不安を数多残し、非現実の世界構築に全力を投入した。
それで得た成果が、初めて感じる達成感。
仕事と趣味の狭間で苦悩する結果得る、努力の達成感ではありません。
同じように努力をしても、捨て去る物が多い程に達成感が高まる。
削ぎ落されて磨かれる。
美しい心の形を得ることができました。

捨てれば捨てる程、手に入れる宝は増える。
各種宗教に書かれている、神の国への道筋そのものです。
こうやって努力すれば道が開かれるのだと知りました。
何でも欲しがってはイケナイのですね。


好い経験になったのです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終わりの始まり [公演の想い]


いよいよ追加公演が始まります。
追加公演は時間的な理由で半分のダイジェスト公演。
その分だけ、役者に負担が掛かります。
今迄の努力と成果を無にするのです。
ある意味、作り直しと言えるでしょう。

終わりが伸びましたが、再構築なのです。

映像であれば、責任者が切り貼りすればいいのです。
想いを断ち切り、思う存分切り貼りすればいい。
切り貼りが面倒なら、バッサリ両断して時間調整する。
これでいいでしょうね。


歌舞伎などは、場面しか演じなかったりします。
善いトコ取りして、多くの演目を上演します。
見ている方が物語に精通している、高度な文化背景があればこそです。

さすがに見慣れない舞台演目を、途中だけ演じるのは無理ですね。
新作物の弱点です。
致し方ないことです。
はたして、切り刻んで何処まで伝わるのか?

元々が三時間半を超える大作。
見ている方の忍耐もひとしおです。
半分に切って伝わるなら、それでもいいですね。
途中の記憶が失われてしまうなら、無理をしない方がいいでしょう。
逆に反応が楽しみであります。


一年に及び、苦労の先の最後の舞台。
綺麗に花を散って終らせたい。
次の実に成るためには、散らねばならない行為です。
それが終わり方。
終わりの始まりは、ジックリ確実に一歩から。
踏み外さないように注意して進むよう、心掛けます。



 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

再出発 [公演の想い]


追加公演が決まって、再出発するなんて初めての経験です。
通常、プロ以外にこんな事例は発生しないものです。
アマチュア活動は、仕上げて発表して、計画通りに終える。
これが通常の作業習慣です。

今回、追加公演するのは後々の都合。
共演者の都合を聞いていたら、組み直しになるのです。
皆で同じ方向をみていたのは、予定本番まで。
以降、新しい方向性を見て計画し直す。
それもアマチュア劇の慣行行動です。

短期間で組み直し稽古して、出来ない場面は切り捨てるのです
そして不都合を修正しつつ、本来のテーマに戻して行きます。
出来上がった物を壊して組み立てるのです。
スクラップ&ビルド。
すでに同じ作品とは言えません。

映像世界では、出来たモノの組み合わせや取捨選択を実施する。
出来たモノに何か足りなければ、撮影し直しを行います。
結果が全ての映像系の特質があります。
人目に触れるのは、公開してからです。


舞台は過程を見て楽しむ芸術です。
物語の結果は、感情の一部しかありません。
大きな違いが有るのです。

だからメンバーや場面の組み直しをしたら、別の作品なのです。
追加公演は編成変えたら、別の舞台になります。
新しい作品です。


そう理解して、追加練習を予想すると、気が入れ替わります。
違う作品に参加するのですから。


さてどんな作品になるのやら。
稽古時間は少ししかありません。
グダグダになるのか、サプライズになれるのか?
楽しみです。



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

たぶん放心状態です [公演の想い]


アレしよう、コレしようと思っていましたが、全部ムリ!

気力も体力も尽き、歩くのさえママならない。
そんな状態で一日が経過しています。

長い長い演目の舞台。
それをゲネして本番を土日で連続。
疲れない訳がありません。
そもそも出来るのかさえ疑っていたのです。
体力的に無理じゃないかと?

そして喉も疲労困憊。
朝から声がヘン。
ガラガラではないのですが、雑音が多い。
自分の声では無いみたい。

ソシアスで幽霊のようになり、一日過ごした。
アリナミンを飲んでいたので、小便が真黄色。
血は混じっていないから、疲れは内臓に作用してない。
朗報だろう。

排便も午前中に普通に出た。
でも少な目で、快調とは言えないみたい。
食べた分量と排出が合ってない。
軽い宿便になっているのだろう。
だからヨーグルトを大量に摂取しておいた。
明日が楽しみだ。
明日は残った便も排出して、軽くなりたいものである。

シナリオ・センターの月刊雑誌を読んで一日が終わる。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

別れのプレリュード [公演の想い]

始まりがあれば別れの時が必ず来ます。
世の中が諸行無常だからですね。
国語の授業で、必ず平家物語の冒頭が取り上げられます。
日本人はそこはかとなさそうな雰囲気がお気に入り。


自分の取り組む舞台も、9カ月が過ぎて終着駅が見えてきました。
ヤッパリ最後は心に演歌が流れて出すのです。
本公演が終われば解散です。
それが一般公募の習いです。
プロ公演と構造が同じ。
次が無いから、プロより寂しい。
心と予定表に、大穴が開いてしまいます。
空虚感ですね。


終わりのプレリュードは、感動的な最後を迎えるのです。
悲しい喜びです。
葛藤の終焉!



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イベント終了 [公演の想い]


今年のマイ・イベントは全て終了です。
後は稽古や忘年会が残っているばかりなのです。
気持ちの上で、肩の荷が降りました。


仕事の方も、今週で終了です。
後は年賀状を書くばかり。


イベント前に、スパーでの頼まれ買い物を支持されました。
混雑しているでしょうから、薬量販店に向かったのです。
ところが大誤算。
こちらの方が、駐車場から溢れていたのです。


大事なイベント前です。
店を廻る時間はありません。
予定通りに買物済ませて、集合場所へ。

そうしたら道も混雑しています。
早めの移動なのに、後手後手にまわる自分の予測。
想定外の現象が、目前で起きている。
これが師走と言われる由縁なのでしょうか。

所縁がちがっていても、納得することにしました。

ガッカリしている言い訳を探せればいい。
見当違いでもイイのです。
自分で自分を慰められればいいのです。


不安に苛まれながら、時間通りに現地着。
若干時間に余裕が残せました。
無事に着けば、満足なのです。
途中経過は、ブログネタにでもなれば充分。

安堵してイベントに望めた私でした。

良かった、ヨカッタ。


 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 公演の想い ブログトップ
メッセージを送る