So-net無料ブログ作成
検索選択
コラム・ぼやき ブログトップ
前の10件 | 次の10件

迷い道 [コラム・ぼやき]



作品作りに迷うとタイトルの文字を思い浮かべます。

自分の思春期頃に流行した歌のタイトルです。
歌詞を分析すると気分と沿わないですね。
でもサビの部分だけ使ってみれば有効なのです。

よく言われるのが日本人は決断が苦手だと言われます。
外国旅行して理解したのは言い掛かりに近い事実です。
決してそんなことありません。
西洋人の特徴は無思考的な選択です。
悩まないように決め事を身に付けることです。

これを常識とかマナーとか文化と言います。
だから思考がデジタル的で短絡的です。
その文化背景がデジタル技術を生み出したのでしょう。
だから微積分や混沌を発見した時に感動したのでしょう。
日本は混沌とか曖昧の文化で白黒付かないのです。
事の哀れを強調する文化が根付いています。
だからビミョーなんて言葉を若者が使うのです。
思考が両極端でなく満遍なく偏在します。
量子力学の世界観に近いです。

そして言葉の意味に裏表の他に隠し事が潜んでいます。
近代西洋哲学が言葉の意味に多くの解釈を発見したのは最近です。
日本人なら笑ってしまう常識ですね。
大陸でも多文化が混ざらないから言葉が単一だと思いこんでいたらしいのです。

だからこそ自分は常に迷う訳です。
自分の言葉と心情を信じていないのです。
裏の意味や違う意味が染み出して止まらないのです。
文面を眺めて言葉使いが違うと悩むのです。
しかも思考を文字化すると日本語になっていません。

自分の思考が支離滅裂的に言葉を乱発しています。
特に蓄語気録を文字かするとわかるのです。
対談者の苦労が忍ばれます。
有名になったら対談をしないように避けるべきです。

毎日毎日悩んでいます。
自分の言葉を分析解析して日本語に直すのですから。
自分の基本思考は何処に行くのやら?
 



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お日様こんにちは [コラム・ぼやき]



久し振りに太陽を見ました。
朝方曇っていたから今日も曇りかなと思っていたのです。
晴れたら晴れたで文句を書きこんでいました。
雨ばかりでウンザリしていた毎日でした。

愚図ついた天気でしたが不思議と蒸し暑くなりません。
未だに梅雨入り前だと理解できるのです。
大陸からの寒気の方が太平洋高気圧より元気なのでしょう。
夏の北海道や秋の軽井沢とか那須みたいなものでしょう。
過ごし易い気温なのですね。

こうした天気に左右されてか執筆が捗りません。
言い訳を探しているようなものです。

新しく道を定めたのなら気合を入れて取り組むべきですね。
もう人生後半部ですから寿命が途切れて終焉となる?
そんな恐怖もあります。
人生は有限ですから。
 
良作よりも愚作。
未完よりも完成作品。
これを前提にすると決めているのに良作を狙ってしまう。
人生が有限なのを意識しているからです。
それが停滞させる原因でもあります。
自己矛盾だと考えて辛くあるのでした。

そんな陰鬱な心の空も今日は現実の青空です。
笑われてしまった気分になります。
夕方前から北風が湿度を吹き飛ばしています。
心の湿りが渇いて行くような気にもなります。

青空は喜ばしいものですね。
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

免許の更新 [コラム・ぼやき]



自動車運転免許の更新に行って来ました。
運転免許センターを選んで行ったのです。
交通安全協会は免許を貰いに改めて行く必要があります。
面倒なので選びませんせした。
それに今回は協会会費を納めるのを止めました。
 
前は安全運転講習会や競技会に出ていたので納めていました。
今では競技系には参加しないので納める理由がありません。
納めなくても免許更新の案内は届きます。

競技や免許の申請を行っていた時は便利だったのです。
インスタント証明写真を会員は無料で撮影できたからです。
結構高額ですよね証明写真。
仕事の免許を沢山取得する人は顔写真が沢山必要です。
多くの競技会に出るのにもライセンス写真が必要でした。
これが毎年の事なので費用が嵩んでいたのです。

それらの趣味や実益も今では一切辞めました。
仕事も建築系から離れたので新規や更新の写真も無用です。
50過ぎたら新しい資格を取っても意味ありません。
趣味で取る人でもないから写真は要らないのです。
必要な時に撮影しに行けばいいのです。

費用対効果を考えて交通安全協会から脱退です。
何だか自分の肩の荷が降りた気分がします。
もう多趣味や業務遂行に気を使いません。
今では文筆業に注視するのですから。
もう要らない資格は時効消滅させます。
これも一つの背水の陣ですね。
 




 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またも軽度の熱中症に [コラム・ぼやき]



注意してもなってしまうのがあつ気と呼ばれる症状です。
これは地方言葉かもしれません。
IMEでは出て来ない単語でした。

昭和の時代には真夏の病気に熱中症がありませんでした。
気合と根性で何とかなる暑さだったからでしょう。
日射病とか熱射病でした。
自分的には熱射病だって新しい言葉だったのです。
それが平成に入る前から熱中症が流行したのです。

東北大震災以来、首都圏の最高気温が40℃に届くようになり

ました。
考えられない暑さです。
しかも日本は高湿度の国なので日影も涼しくありません。

砂漠の50℃超えを経験すると別の意味の暑さを理解します。
こちらは安い電気式の蒸し風呂で経験できる暑さです。
つまり日本にはもの凄い暑さが二種類体験できる。
嬉しくない経験だと考えます。

夏場に老人がエアコン使っても熱中症になります。
室温を下げても水分補給しないからです。
便所で腰を屈めるのが面倒で水を飲みません。
トイレに行くのさえ億劫なのです。

これは足の怪我を経験すれば理解できます。
歩いてトイレの用事を済ませる幸せは健常者に理解できません


体の不自由さは障害を得て理解できます。

自分も膝の調子が悪いので歩き回りたくないです。
それで水分を控えめにしてしまうのです。
調子の良い日は積極的に水分補給します。
今日の様に猛暑に近いと動きたくない。
しかも足の調子が悪かったりするとテキメンです。
階段の昇り降りや歩行に嫌悪感を抱いてしまうのです。
だから軽い熱中症になって頭痛を引き起こすのでした。

チョット危険かもと思い夕方に水分を多く補給しました。
これを書いている時点の室温は30℃です。
ジワジワと汗が滲みます。
これも水分を補給するから汗が出てくれます。

夏場は少し多めに皮脂を出して健康を保つべきでしょう。
自分の命と健康を優先して加齢臭に目をつむる。
自然現象には目を瞑るしかありません。
汗取りをして多少の対策とします。

臭いニオイと煩い人も結構臭いのがこの時季です。
ジャンクフード食べるから臭いのですね。
自分は既に野菜系へ生活を転換しています。
加齢臭は食品添加物や農薬に肉類や油で決まります。

加齢よりも食品の方が問題なのですから。
 




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

語ることも無し [コラム・ぼやき]



猛暑並の暑さでした。
こうなると何も考えられないし行動したくないです。
体内に溜まる熱の放出が出来なくなるからですね。
人間は恒温動物なので過大な気温変化で壊れてしまいます。
 
上記の様に言い訳しつつモノグサの虫が出たのです。
向き合うべき課題に向がずに逃げ出している。
この事実に違いは無いのです。
成果が無いのがその証拠ですね。

とは言うものの小さい頃から愚鈍なのです。
今更大幅に改善する訳もありません。
心のままにすれば素直に生きている事実も見逃せない。
自分で自分を追い込む者は愚か者です。
また甘やかすのも愚か者です。

ネバならないとか、コウあるべきは心の病を呼び込む元です。
独りコーチングしながら活動の切っ掛けを与えたい。
そう思います。

このブログを書いている時刻だと暑さも一段落。
室温30℃ですが死の気配は無さそうです。
日が暮れれば少し涼しさも期待できるでしょう。
 
明日から少しだけ気合を入れて頑張りましょう。
頑張れる範囲でネ!
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真夏の風が来ない [コラム・ぼやき]



真夏の風が戻って来ました。
と書きたいところですが微風でした。
暑苦しいったらありゃしません。
爽やかな熱風が欲しいですね。
気合の入る奴です。

このブログを書いている時点で室温は30℃です。
もう夕飯の時刻ですが明るい空です。
嫌な真夏の蒸し風呂感覚が戻って来ます。
湿度が40%くらいで唯一の慰めです。

これから梅雨入りまで暑さが継続するのでしょう。
気合と根性で乗り切りたいところですが無理です。
昨年は体力の低下で懲りています。
もうどうにもなりません。

あとは神に判断を委ねるしかありません。
生死の与奪は神のみぞ知るです。

近年の気象庁の発表だと気温が40℃越えしなければ涼しい夏です。
自分の青春時代よりも10度ほど感覚が狂っています。
涼しい夏で死に掛けているので油断なりません。

日本と中国の景気減速を願うしかないのです。
そうすれば排熱エネルギー量が減って少しだけ快適になります。
できればオリンピックも頓挫して欲しいものです。
景気の急減速が避けられるでしょう。
貧乏人にはインフレもデフレも要らないからです。

漫画AKIRAみたいに東京オリンピック直前で巨大地震が来る。
東京等の海岸線都市が壊滅する様を見たい気もします。
先進国の経済活動が倒壊した次を見てみたいです。

スクラップ&ビルドは辛い現実ですが活性化のチャンスです。
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

厳しいところ [コラム・ぼやき]


聖書の記述ではありませんが安易なところに行きます。
それが人の心ですから仕方ないものです。
余りに厳しいところを狙って行くと病になるでしょう。
 
人には素養があるので適正でない場所は不得手になります。
苦手なところで厳しい線を狙うと達成感が得られません。
自己否認に至って自己嫌悪にまみれてしまいます。
自らを否定したまま辛い場所に挑まない方が良いですね。

出来なくとも肯定感を持って狭き門から入る。
この前提条件無しに成長は期待できないのです。
少し狭い門から入れば良いでしょう。

ある本に拠れば聖書の狭き門はラクダは通れなくとも馬は通れる。
そのような大きさの門だそうです。

「針の穴を通すようなもの」の針穴はそうした小さい門である。
だから実現不可能な挑戦でなくて実現可能な試練です。

針穴にラクダは通れないものです。
思いの外寛容な慣用句であるらしいのです。

それでもユルユル気分では成長も期待できません。
それなりの負荷を掛けて汗を流すべきです。

逃げる避ける気分をほんの少しだけ厳しく戒める。
無理無茶無謀は行なわない。
心掛けたい前提条件です。
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

因果の律と応報なのか? [コラム・ぼやき]



悲しい知らせは反対側から見ると別の面を見ます。
必ず何か起こると陰陽とか裏表の面が見え隠れします。
こうした考えが仏教にあるのでね。
日本は仏教文化に儒教文化や道教や神道が入り混じっています。
ときに西洋文化も含めて雑多な様相を示します。
 
若い頃は理由がわからず右往左往したものです。
学校で詳しい宗教観や哲学の用法を教えてくれません。
政教分離の建て前と本音を理解していないのですね。
識字率の高さが潔癖症体質を生じて苦しむ原因になっています。

欧米先進国だって建前は政教分離していますが実効力はないのです。
実際には宗教観に包まれて離れられません。
暮らしている文化と密接に絡んでわけられないのですから。
だからルネッサンスの時代から文化衝突しているのです。
 
世の中の前提を知る手立てを確認するだけで半世紀使ってしまった。
若い頃に宗教や哲学の手掛かりを教えて貰えなかったからです。
この原理原則をしらないと文学作品さえ作れません。
物語りの根幹は文化に委ねられた神話から始まっています。

食事と同じです。
食べ物は地域の気候や文化に沿っています。
物語は心の食べ物なので食料品と同じです。
和洋折衷しても基礎は文化の上にあるのですから。

おかげ様で勉強勉強の日々です。
創作活動するには世の中の構造を知らなくちゃならない。
だから苦労しています。
文化や伝統に歴史を知ってから人を知り世間を理解する。
自分が如何に知らないかを知る毎日なのです。

悪い知らせは良い知らせ。
拙い知らせは改善の芽です。
吉兆は繰り返して循環します。
これが因果や輪廻の構造でした。

もっと早くに知り理解していれば苦労しなかったのに!
そんな遠回りも回り道の見聞をして経験を積んで来た証拠です。
無意識の記憶を呼び覚まして使いたい使うべき。

いろんな資料を乱雑に読み漁って理解した事柄でした。
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

軽自動車税! [コラム・ぼやき]



税金を払うのは嫌なモノです。
田舎の人間にしてみれば言い掛かりに似た制度です。
インフラ整備しない付けを二重に支払わせられている。
そう感じるし思えるのですから。

移動手段を日本全国にくまなく整備するのは大変です。
大都市の様に電車網が発達していれば自動車は要りません。
それをしないで車を買わせて税金を取るばかりです。
車が走らなくて済めば道路の整備費用も少ないでしょう。
トラック輸送も利便性を少し抑えれば鉄道輸送もできます。
市街地なら路面電車や電気バスで用が足ります。
重い荷物は宅配便に頼むようにすれば買い過ぎも防げます。

春は税金の通知書を見て落胆するのです。

スズキ自動車の社長が「弱い者イジメ」と言ったのを記憶しています。
役人は怒って燃費偽装の嫌疑を掛けて退陣に追い込みました。
役所で正式に計ったら申告よりも燃費が良かったのです。

国は貧乏人かからむしり取って外国に援助するばかり。
金持ちは黙って租税回避地にお金を送って納税もしないのです。
不公平感がありますが日本の一番偉い人は忖度の証拠出せと開き直っています。

挙句にオリンピックの費用を出して税金と借金を増やそうとする。
うるさい若者は捕まえて戦地に送ろうとしている。
第二次大戦の前の繰り返しをしようとする。
貧困層を増やして格差を助長して増税すると息巻いています。
更にインフレに持ち込んで物価上昇を目論んでいます。
通販の規制をするべきなのに経費が上がるとインフレが進むと喜んでいます。
これで景気が良くなるわけがありません。

人が街に出て無駄な飲食や買い食いをしないとならないのです。
景気が最下層に浸透しないと消費は増えません。
その経済論理をインテリ層も役人も政治屋も理解していないのですから。

軽自動車の通知見ただけで血圧が上がります。
思考が一気に加速してブログを書く原動力になる。
無料の記事を書いても一銭にもなりません。
でも怒りの矛先を文面に向けるしかないのです。
それが物書きの業でしょうね。
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

筋肉バリバリ [コラム・ぼやき]



身体を使っていない証拠が筋肉痛です。
それで今日は筋肉が強張っています。
半日草刈りをしただけで体が悲鳴を上げています。
 
運動をすると乳酸が溜まるそうです。
これが筋肉コリの原因だといわれて。来ました
ところが乳酸が壊れた筋肉を修復する機能なのだそうです。
最近医学で過去の常識が覆されているようです。

問題は修復中に動かさないと動かない状態で修復してしまう。
これが柔軟性を失わせて筋肉の収縮を限定してしまうようです。
弓の弦を強く張って幾筋も補強するようなものです。
だから筋肉痛でも軽く動かした方が良いらしいです。
動かさないと神経も動かなくていいと勘違いするらしいです。

身体は末梢神経が現場優先するのが本来の機能らしいです。
脳は報告を貰うだけだそうです。
だから自分の脳や心を信じない方が良いらしいです。
動けるのに動かないと決め付けてしまうみたいです。
 
でも使わない機能は退化や衰退するのです。
関節などの骨格系は使わない部位が勘違いするらしいです。
使われていると思い込んで余計に直してしまう。
働き過ぎるきらいがあるようです。
だから満遍なく身体を使うべきらしい。

モノグサをするのは心の安寧です。
でもモノグサが日常であってはならない。
あくまでも休息で息抜きに留めるべきですね。

なので来週も草刈りをしましょう。
自然と体の両方を手入れする。
やり過ぎないように留めて行動を起こす。
これが大切な規範みたい。
 
筋肉痛が教えてくれる事実です。
 



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 コラム・ぼやき ブログトップ
メッセージを送る