So-net無料ブログ作成
コラム・ぼやき ブログトップ
前の10件 | 次の10件

気分は乗りませんが、技で [コラム・ぼやき]


 
慣れとか習慣は、嫌を吹き飛ばす性質があるようです。
これが凡人にとっての福音ですね。
天才や秀才に適わなくとも、何とか追尾して行ける技が習慣でしょう。
 
習慣を連続して行う事を修行と言います。
少しづつでも技を習って習得して、前に進む。
『これが何になりますか?』の答えが『修行』だろうと思えました。
 
この思う時点に辿り着くのが訓練であり、修行でもあります。
毎日コツコツ、愚直に行く。
蝸牛や蛞蝓の歩みでも、先人の足跡を辿りゆく道行き。
 
ほとんど一方通行の帰らない旅のようなモノです。
逝けば行く程に、体も心も脳味噌も変化をし続けて、別人の育って行く。
 
人間は3年から5年で、身体を構成する細胞が殆ど入れ替わるそうです。
9年位で、前の細胞は残らないそうです。
医学的に10年経てば、間違いなく別人に生まれ変わってしまうらしい。
 
自分は自分と思っても、10年経てば別人です。
自分があると思った瞬間から、10年を経過せずに別人になっている。
指紋、声門、角膜に動脈だって似てはいても、別の存在です。
 
過去と同じで、今は違うが人間。
 
もしかしたら、修行で凡人も天才に生れ変れる?
その逆も然り、『10で天才、15で秀才、20過ぎたら只の人』
あながち見当外れな、間違い話でも無いのかも知れませんね?
 




 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新古品Tシャツ [コラム・ぼやき]


 
タンスの肥やしを、まざまざと眺めてしまいました。
見ると忘れていた思い出が蘇ります。
 
撮影現場で貰った、ボランティア参加賞です。
ひと作品に二度協力したその証ですね。
同じ柄のデザインが二着ありました。
 
衣変えに合わせて、古い下着用のシャツは処分します。
ヨレヨレのTシャツだって上着を着れば隠せても、夏場は無理です。
丸見えですからね。
 
しばしTシャツを眺めて、思い出を着て使い倒す決心を固めます。
大事に保存したって、着ないで黄色に変色したら処分対象になるのです。
それなら大切に利用して、服としての寿命を全うさせたいです。
 
想い出作りを終えてしまい、出来事が記憶に昇らなければ想い出も消化された証です。
今度は美味しく使い尽くし頂き、想い出の品も処分しましょう。
苦労して作られた作品も、再演されないでお蔵入り処分です。
原作の本だって、話題に載らなければ絶版処分ですね。
 
視聴者の記憶から去り、出演者の記憶からも消えてしまえば、作品の寿命も終えます。
残されたノベルティーや小物も消費されて終わる。
これも人の人生と同じ、寿命を全うした御祝いと鎮魂です。
 
今年の夏に、仕舞い込まれたシャツが出されて消えて行くでしょう。
人生の下り坂で、想い出処理を済ませましょう。
大人のケジメですから。
 



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

穴が開いて! [コラム・ぼやき]


 
築40年を超えた自宅です。
大震災にも大雪にも耐えてくれました。
けれども劣化による修繕は、今後増えて行くでしょう。
 
昨年末から春までに、外装塗装をしたばかりです。
見た目はけっこう綺麗になりました。
周囲を見回すと、木造モルタル作りの家も半分くらいに減ったものです。
 
平成一桁の頃には、藁葺農家屋にトタン保護の家や、土蔵もありました。
そんな昭和一桁の家は一つも有りません。
時代は来年で、年号さえ変わってしまうのです。
 
古い家なので、風呂とトイレはタイル張り仕上げです。
現代の家はユニット躯体か、リノリウム仕上げが普通でしょう。
家の中は石油系樹脂だらけで作られています。
 
タイル張りの浴室は、換気の関係で窓付きです。
冬場に冷気が入るので、ひび割れたセメントの水分が凍結します。
数十年を経過すると、床仕上げのモルタルとタイル層に隙間が出来ます。
だからタイルが剥離して穴が開いてしまうのです。
 
今までに何度か化粧モルタルを塗り直して、防水復活したのです。
でも劣化の進行は、目に見えない部位にも進行します。
大雪や地震で家屋に歪みが出ます。
真夏と真冬の気温差は50℃以上あります。
歪みが出ない方が不思議です。
 
昨晩に穴が開いたのを確認したので、百円ショップでモルタルを購入してきました。
夕方に浴槽の借り補修をしたのです。
穴の中に結構な量のモルタルが入りました。
傷は思ったよりも深いみたいです。
 
本仕上げは白色の仕上げモルタル塗りをする予定です。
今晩は雨が降っているから乾かないので、連休中に行う事になります。
 
オリンピック不景気になって、宝くじでも当たれば建て替えしたいですね。
もしくは引っ越し先にエコ住宅を新築して、移住したいものです。
今の家は改修して、借家にしてもいいかも?
 
先ずは宝くじが当たる様に、券の購入からですね。
家の値段も、バブルからみれば1/4位になりました。
工場でユニット作成できる時代なので、2by4でなくても格安な時代です。
平成の不況下で、新築の家が安くなりました。
良い時代に突入したと思いたいです。
 
何はともあれ、宝くじの当選から話は始まります。
怪しい不動産勧誘はお断りしていますので、これは独り言ですから。
 
では連休をお楽しみ下さい。
 



 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肌がピリピリしています [コラム・ぼやき]


 
週末の草刈りが効いて来ました。
焼けた肌がピリピリと痛みと痒みを訴えてきます。
その場所が顔の頬上辺りです。
 
目尻から鼻座りの脇まで、太陽に焼かれてしまったみたい。
UV対策をしていなかった失敗事例となりました。
そろそろUVカットクリームを使わないと、肌が焼けてアトピーになります。
 
このピリピリ感が、夏の証拠です。
肌対策をして外出する季節になったのですね。
先ごろに冬服と春服の併用をしていたのに、一気に春から夏です。
今日の最高気温は30℃くらいありました。
 
あすから曇って雨の準備に入るみたいです。
この春の暑さは、今日までですね。
来週にどうなるのかは、もうしばらくして分るでしょう。
 
今年の春は真夏日が出ました。
夏日も沢山ありました。
猛暑だと考えて良いのでしょう。
 
花粉症が完全に収まっていないのに、もう夏なのです。
迷惑な天候だと思います。
 





 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

暑い日差しに焼けて [コラム・ぼやき]


 
今日も紫外線の強い一日になりました。
昨日も晴れて太陽光が元気に降り注いでいましたね。
その為に、夜に入った風呂場で首筋に痛みを感じたのです。
 
紫外線で首が焼けてしまった。
 
朝から庭の草刈りをして、太陽光が肌を焼き進めたのですね。
ツバの長い麦わら帽子風の帽子を被っていました。
けれど焼けてしまったのは、俯いていたからでしょう。
草を刈取るのに、鎌を持って中腰だったからです、
 
今日は首を覆う様に、長めの襟が付いた長袖を着て、襟を立てての作業にしたのです。
太陽光の被ばく量は、大分違っていた感じでした。
それに太陽の方向を向くようにして、首筋に影を作った効果もあります。
 
気温が夏になっていますし、紫外線の光量は綺麗な春空の方が多いのです。
夏は風も少なく、夏霞が出て太陽光が弱まります。
熱くても焼け難いし、湿度が高めで、汗も出易く保湿効果も高いです。
春は乾燥しているから、肌が焼けて皮膚が剥離し易いですからね。
 
雨が降っても冬場の乾燥を潤す効果が低いみたいです。
それに草木が水分を吸い上げながら成長するから、カラカラに乾いています。
草刈りをして埃が舞い上がって、鼻の中には砂埃の鼻くそができます。
 
定期的に水鼻も垂れてきます。
身体が異物の洗浄をするのでしょう。
痰も絡んで、何度も吐き捨てることが多いです。
 
面倒見切れなくなると、水場に行って洗顔と洗眼に鼻腔洗浄します。
水分補給して、熱中症対策が必須ですね。
昨日は飲む量が少なくて、具合が悪くなりました。
 
汗が渇いて自覚症状が少ないのと、身体未だに冬モードです。
夜に冷え込むから、夏モードになりきれない自律神経系がいます。
今暫くは様子を見ながらの作業を心掛けましょう。
 
これで5月はどうなるのか?
昨年は連休明けから毎日のように真夏日でしたからね。
地球が活動期に入ったみたいで、地表の生命体に絶滅の危機が来ています。
地球環境からの連帯責任は、誰彼構わずに平等責任で受領しなくてはイケマセン。
 
来月は来年は将来は?
大変な時代に成りそうですね。
 





 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みんな邪魔物ですか? [コラム・ぼやき]


 
世の中の常識は移ろい行くモノです。
田舎の常識も、都会の常識に押し流されてしまいます。
ですが自然の法則と喧嘩するのが、都会者の常識です。
人の頭の中なんぞ、只の出来損ないでしかありません。
 
過疎が始まったかと思った自宅周辺にも、宅地が増えました。
土地の値段がバブル以降下がり続けています。
先日テレビを見ていたら、無料物件の特集をしていました。
 
たしかに不在宅の家が、町の中に増え続けています。
全国の市町村で、50年後に限界市町村が増えるのだとか。
現在、首都圏に日本の人口の1/4が住んでいます。
 
都市の過密化は、企業活動や不動産業者には目出度い製作です。
企業が都市に集中すれば、従業員も集中します。
宅地の賃貸料や土地の価値は高まるばかり。
 
更に少子化対策をすると、都市の価値も上がって更に人口集中します。
 
ところが日本は自然災害の宝庫です。
災害が前提で暮しを立てるのが基本理念なのに、災害が無いと勘違いをしています。
昭和40年から、東京で洪水被害が無くなったのが理由です。
河川反乱がまるで嘘のように無くなった。
 
これは治水対策で、関東周囲の山々にダムを沢山建設したからです。
ところが自称リベラルと言う輩が、無知を発揮して公共事業は無駄とバブルで騒ぎました。
頭が悪いのに、利口で知恵があると勘違いするのが、カタカナの冠族の特徴。
 
国民も馬鹿の集まりので、公共事業が減って建築関連の人も自然消滅したのです。
それが今になって困った事に至っているのに、誰も何も問題提起しません。
問題提起するのは、私くらいでしょう。
 
2011年の大震災で、建築業の人材不足が露呈したのに誰も困ったと声に出さない。
それで外国人実習生をただ働きさせて、補填し続けたのです。
在日期間が過ぎそうになると、行方不明になります。
違法就労者になって、低賃金で違法業者の元で働いて居ます。
 
銀行送金をしたくとも、銀行の口座が持てない。
闇金融の業者が仮想通貨を使い送金して、手数料を撥ねています。
それで仮想通貨のバブルが起きていますが、企業人も政治家も見て見ぬ振りをして何もしない。
それで仮想通貨バブルが起きているのですが、一般人までタダ乗りをして過熱させるだけ。
 
それが一連の事件の発端になっている。
 
そうして世の中は間違った方向に進むだけ。
毎日を何も考えないで生きて、何もしないで過ごす。
悪知恵の働く人間に騙されて、幸福感を抱いて生きる。
放し飼いの家畜です。
 
自分は、そんな人を眺めても注意なんてしません。
悪者は騙し易い人を騙すだけ。
被害が来なければ静観する方がまし。
注意を即すと、逆ギレされますからね。
 
災害も人災も、早目に逃げるが勝ちです。
生き残った方が、次につながるのですから。
幸せに無くなって下さいね、自称善良なる方々の皆様。
 



 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日のは何の日? [コラム・ぼやき]


 
明日は月末の金曜日で、大型連休前です。
個人的にはそれがそうした気分ですが、世間ではソワソワする人も多いでしょう。
サービス業では稼ぎ時が到来したと喜ぶのでしょう。
 
人生を半世紀も生き永らえると、完璧に余剰人材になっています。
頑張って体が動いたのは40代まで。
過労死するような働き方でも、人生や仕事に充実感を得られたものです。
今はそんな事なんて絶対無理な芸当です。
 
しかし周囲も自分も、かつての栄光や実績を記憶に留めます。
急激な加齢衰退をした際に、あらんかぎりの冷笑と視線を浴びたものです。
ヤル気が無いとか、手抜きをしていると言われてしまった。
それが『人生の下り坂』を下り始めた現象だったですね。
 
それからというもの、自己承認が満たされず、他者の希望にも沿えない毎日が地獄でした。
そこから心理学との出会いと、芸術活動との出会いで救われて、生き永らえる気力を貰えました。
ですが人生の逆風は今もって吹き荒れております。
 
こうしてブログに毎日書込める気力は、その反動から来るモノです。
心の丈を表現することで、己を知る事ができる手掛かりになるのです。
 
何とかフライデーなんか待たずに、休みたいだけ休めばいいのです。
他人の視線や言動に惑わされなくていいのです。
もともと役立たずだったのが、奇跡的に役に立てただけ。
3kの男シンデレラだったのですからね。
 
もう魔法は解けました。
王子様は来ませんし、お姫様も訪ねて来ません。
好きに生きるために、枷は一切外され解き放たれたのです。
現実のあるべき状態に戻って、エブリデイ・ホリデーを満喫すればいい。
 
ずっと前から大型連休に突入していたのです。
もう戦場の最前線にも、補給線にも復帰しません。
敵からの弾薬が届かない処で、ノンビリさせて貰います。
 
さあ、作品を作らなきゃ!
気合を抜いて、テケテケとモタモタ行きましょう。
 




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

燕が来たみたいです [コラム・ぼやき]


 
先週から燕が来たようです。
近所の御宅で営巣に励み、我が家の周囲に糞被害を拡散しています。
これも春の風物詩ですね?
 
毎年5月になって訪れる燕も、今年は早くから来ました。
通常は、雀のヒナが巣立つ頃の到着が、ひと月くらい早いですね。
 
毎年、勝手に物置の屋根隙間に居付いた雀がいます。
これが燕の姿を見て、ピーピーと敵意を現わしています。
予定外の到着に、餌不足を警戒しているのでしょう。
 
それと毎年藤の花を占拠する熊蜂が来ませんでした。
藤が枯れ始めて初めて姿を現しています。
これがツバメや雀、それ以外の鳥と勢力圏を争っています。
今まで無い、渋滞気味の餌取り合戦となりました。
 
しかもミツバチの姿を一切見ていません。
菜の花が咲き、桜が散る頃に訪ね歩く蜜蜂が来ない。
花が早くに咲き過ぎて、昆虫の生育が間に合わないのでしょう。
 
春の花が枯れてから成虫になっても、蜜が足りないでしょう。
今年の果樹に、思い掛けない影響が出る可能性が高いです。
梨も桃も、咲いて枯れました。
あり得ない早さの開花でしたからね。
 
今年の自然推移はどうなるのか?
庭木の毛虫も発生してしまった4月です。
この先どんな推移を見せてくれるでしょう?
 
楽しみであり、恐怖でもあります。
 




 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレビで玉遊びを見ながら [コラム・ぼやき]


 
元気のあるうちに、外で精一杯遊びましょう。
これは中高年の口癖ですが、真理であります。
元気が無くなったり、身体の不調が起きるとどうにもならないものです。
走って駆けて、飛んで跳ぶなんてことは、元気のある若い時にしかできません。
 
自分も小学校性の時代はインドア派でしたが、自然と体の要求が起きてアウトドア派になりました。
これが自然の息吹というモノかと、今になって思うのです。
今では体の自由も宣言されて、歩き回るのも億劫です。
身体の節々は壊れて痛みを発し、筋力も衰えて、心臓も弱って持久力も無い。
心身代謝も低迷して、肥満や進んで消化不良に至り、怪我の回復力も無くなりました。
 
何かあると満身創痍の寝た切りになりかねません。
今現在も高血圧に苦しんで、年明けから通院しております。
ようやく花粉症の症状も和らいで、ほっと胸を撫で下ろしている最中です。
 
当人の体調と関係無く、春は運動の季節でスポーツ趣味に精を出す人も大量に出ました。
テレビ中継も、新聞雑誌もスポーツが華盛りです。
 
今日は午前中に買物に出かけて、午後はスポーツ観戦三昧。
実際には昨日、昨晩とスポーツ中継を見る時間が増えました。
 
若い頃は可能性が有った分だけ、テレビで中継するようなスポーツをしませんでした。
野球やゴルフの事ですね。
今もって人気のスポーツです。
バブル時代から比べれば、大いに傾いていますが充分にプロが生活できる競技ですね。
趣味の多様化が起きましたが、今でも王道でしょう。
 
こんな玉遊びがお金になるなんて、考えるほどに不思議です。
でもそれが文明国の常識ですから、考えても答えが出ないし悩むだけ無駄です。
お金が欲しければ、若い人はゴルファーを目指す方が良いでしょう。
野球やサッカー、バスケ、バレー、テニス、ラグビーは、才能が無いと手を付けられません。
アマでも大変な競技です。
 
ゴルフなら、お金を払えば超お手軽です。
才能がありそうなら、一気に上手く成るでしょう。
アマからプロへの道も近そうです。
 
でも歩行が困難になると出来そうにありません。
一日で数万歩を歩かないといけない。
壊れかけた体には、一番遠い競技な気がします。
 
元気な女性や、たくましそうなオッサンを画面で見ては、失った若さと健康を嘆くのです。
それが週末の楽しみになりました。
 
もう芸術活動辞めて、体を治してゴルフでもするかな~。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草刈りの準備? [コラム・ぼやき]


 
春は芽吹きの季節と、風流を楽しんでいられるのは十日程です。
自然は圧倒的な生命活動を開始する時期でもあります。
 
自宅の枯れた庭先が、あっと言う間に緑に色づいて、今は深緑の中。
ボヤボヤしてるんじゃね~!
そんな感じです。
 
季節は冬から一月も掛からずに夏模様になるのが、最近の温暖化した季節の特徴です。
もう戦いと言っていいのです。
 
もたもたしていると、あらゆる物に草木がまとわりついて、虫が飛び交います。
既に藪蚊や蠅が飛んでいました。
蜂は出遅れてしまい、花が咲いても飛んで来ません。
 
今年は猛烈な蜜不足や、果樹の生育不良になるかも。
田舎の人間には、風情を楽しんでいる余裕が無いのです。
農家は特にそうでしょう。
こんなに初夏が早くては、段取りが間に合わない可能性があります。
 
この週末は、今年最初の雑草刈り込みをする予定です。
今年も草刈りばかりかと思うと、力が萎えます。
それに加齢で力は萎えるし、作業の持続も途切れがち。
疲れは癒えないし、気力も上がりません。
 
昨年は嫌っていた除草剤も使う様になりました。
農家では無いのですから、農薬で無くて除草剤です。
薬にも農地で使うなと書かれています。
ホームセンターで売られている、劇医薬品で無い薬です。
 
効果が発揮されるのに、日数は掛かりますが枯れてくれます。
草を刈りこんだ緑と、枯れた色の対比が悲観的ですが仕方ないですね。
眺めてみると、何だか悲壮感のある色の対比ですが、能力の限界を補助してくれる便利な道具です。
 
自分の目に入り易い場所は鎌で刈り込みますが、家の裏などは薬に頼ります。
草が減ると、虫害も減ります。
藪蚊は対策できませんが、這う虫や腐敗虫には効果が高いです。
 
薬能には数カ月効果があると書かれていますが、実際には半月に一度は必要です。
雑草は種類が豊富ですから、次々と違う品種が生えて育ちますからね。
枯れた草が復活しなくとも、違う草が元気を得るのです。
除草剤を使うと、見た事ない品種が生えて来たりするのです。
とても不思議ですが、これも自然の新陳代謝でしょう。
 
今年も見た事ない草が生えて来て、脳内の規定風景を打破してくれました。
草は適当に伸ばしてから刈り込む事で、規定種を守り新種の発生を抑える効果があるでしょう。
草の世界でも決まり事があって、仁義を守り通している。
そんな気がします。
 
さて熱中症にならぬよう、朝の早起き作業を習慣にしましょうか。
夏場は、早寝早起きと昼寝が定番の生活行動になります。
夜更かしは、春と秋だけの短いお楽しみです。
これにて終了しましょう。
 



 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 コラム・ぼやき ブログトップ
メッセージを送る