So-net無料ブログ作成
本・執筆 ブログトップ
前の10件 | -

自己啓発本を読んでも…… [本・執筆]



この5,6年のお気に入りは自己啓発の本です。
メンタルヘルスの勉強をしてから、実用本として手にしたのです。
以来、多くの有名どころを手にして来ました。
ちょうどビジネス啓発と併せて、人気の潮流でもありました。
結果的に流行に呑まれた格好です。

多くの人々が、世の中に、人生に、世間に迷っているのですね。
平成一桁は新興宗教の時代です。
地下鉄テロ関連で、宗教は下火になりました。

そろから自己啓発の発芽が起こりました。
欧州、米国のセラピーブームに、日本も乗ったのです。
その幾つかは、現代では宗教法人です。
英吾で言うところのスピリチュアルです。
これは蔑視の意味も含んでいます。

宗教の聖霊と、トンデモ、占いの類は同列処理されているからです。
日本では宗教もトンデモ系です。
経典の多くが奇跡を元にして、神格化するからでしょう。

それで哲学や心理学が、理念で持ち上げられます。
事業成功体験やコンサルタントが、金融工学として神格化されています。

でもこの20年の間に、経済工学もガタガタです。
経済に詳しい大学の教授が、金融健全化で成長を唱っても駄目。
国民に痛い思いをさせただけで、効果無いどころか沈下が進む。
挙句にサブプライムやリーマンショックと、金融論がマヤカシでした。

すがる藁が自己啓発ですが、みんな役に立ちません。
成功体験者が居なくは無いのですが、自分には当てはまらない。
数万人に一人いれば、成功例になります。
著者そのものが成功者ですから、一人いるのですね。

それに文学系の人間として、言える事です。
上手く行かない人が沢山いないと困ります。
成功したいから本が売れるのです。

物語も、失敗者が大勢多数いるから共感して貰える。
人生も社会も、仕事も失敗多数が好ましいのです。
読者が成功者で幸せでは、自己啓発本もセミナーにも客が入りません。

新刊の小説が売れない時代に、自己啓発の本はそこそこ売れる。
もしくは本が出ているから、セミナーに人が入る。
本が広告であると出版社や解説者も言います。
著書の効果は、思いの外絶大です。
だから自費出版社系が、大きく成長するのです。
インテリやベンチャーの錦の御旗が、成功譚の自書です。

成功者は世の中で一つまみだけ存在する。
だから本を読んでも、一般人は成功しないのです。
逆説の自己啓発記事でした。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

予想外を狙い [本・執筆]



今日も撮り貯めた番組をビデオ鑑賞です。
先週末に録画した、ホラーと関連番組の特集です。
 
このところホラーやオカルトに興味を増しています。
やはり根源的な人間の恐怖は、興味尽きない対象です。
 
人は判断不能になると笑うそうです。
だから判断力が少なく、経験不足の子供はお笑い番組が大好き。
判断の遅くなる女性も、お笑いが大好きです。
 
微妙に違うのが恐怖ですね。
理解不能に一番の恐怖を感じるのだとか。
そして身動き不能に至ります。
動物は思考よりも行動優先なので、理解と判断の区別なし。
逃げることに一直線になります。
 
恐怖は判断を鈍らせて逃げ遅れる元です。
危険回避不能に至るのは知的生物だけだとか。
逃げ間違いが少なくても、逃げ遅れが多くなるのですね。

野生動物に襲われても、食われるのは一人で間に合うのですね。
それが野生のルールです。
虫や爬虫類に襲われた場合は当てはまらない例ですけれど。
だから逃げ間違いを減らす方が、子供の生き残り確率が増えます。
高等動物は出産回転率が遅く、出産個体も少ないからですね。

そんな本能や社会性だからこそ、未知に慄くのでしょう。
そして想定外に出会うとパニックで固まり、無思考になってしまう。
それが恐怖の本質らしいです。
ですからホラーやオカルトが怖くなるみたいです。
けれど理由や原因が知りたくて見てしまう。
大脳皮質の興味本位機能が知的好奇心を刺激するのですね。
 
未知であるほど興味が尽きません。
そこに点け込んで予想外を演出するのです。
書いていて楽しいのです。
やり過ぎると想定内に収まってしまいます。
刺激が多過ぎると、慣れてしまいます。
周期が早過ぎても遅過ぎてもダレてしまうのです。

間接的や想像する表現は良いとされます。
直接的で客観的な表現は良くないとされます。
文字の情報は敢えて対象を曖昧に出来ます。
映像や絵にはできない芸当です。

逆に映像や絵は、闇に紛れたり、音だけで表現可能です。
文字では闇に紛れ込ませる表現はできません。
小説と脚本・原作の違いはそこにあります。
注意が必要ですね。
 
撮り貯めた作品はあるから、明日もジックリ見て確認したいです。
大事な先人の知恵を堪能して吸収したいと考えます。
自分の技に仕立て、表現力を上げたいですね。
 



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

別の道を行けば? [本・執筆]



自分の人生を振り返り考えます。
あの時に選択を違えたらどうなっていたのか?
過去がやり直せないものだと知ったうえで考えます。
 
こうした仮想判断が創作思考を刺激します。
自分の経験から何らかの物語を作る材料にするのです。
私小説でなくとも人生経験が転換点に生きるのです。
 
心理学も併せて勉強しているのです。
自分の過去にワダカマリが少なく薄いものです。
更に併用して宗教学も学んでいます。
作品に突飛な決断をしないよう留意するためです。

期待を敢えて反らせたり従ってみる。
予想を裏切ったり予想通りに描いてみる。
幾つかの道筋を立てて読者の反応を考えるのです。
一種のゲームを人生を反復しながら想定します。
 
そのうちに自分の過去に触れてしまうことも多いです。
あの時に冷静な判断が可能だったのか?
無理だろうか避けていただけではないのか?
創作と現実の接点が見え隠れするのです。

これも仮想私小説なのかと思ってしまう訳です。
見聞きした作品群も併せて思い出しては空想に投入します。
知識も併せて判断材料にします。
虚実入り乱れてしまうのでした。
終いには記憶そのものが怪しく感じてしまうのです。
誰かの経験まで自分の事だと思い違いします。
 
記憶が嘘を吐くのは脳科学の常識です。
記憶が曖昧になるわけですね。
記憶と事実は相対しない。
老若男女誰彼の区別できません。
区別している感覚さえ皆無になるのです。

嘘書いているつもりで人生を書き記さないように注意です。
曖昧な表現ですが他者の作品に酷似するのも禁忌です。
著作権や肖像権の配慮も重要ですからね。
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恐怖はユックリやって来る [本・執筆]



本を大量に読んだ経験のある人なら合意できると思います。
分量の割に早く読める。
少ないのに何故か時間が必要だったりします。
スイスイ読めるとか停滞する感覚です。

大まかに考察すると話し言葉だと早く読めます。
書き言葉だと遅くなるのです。
特に旧式の文章だと遅くて仕方ありません。

理解度はどうなのか?
読むのに遅くて、理解もできない。
読み進めるのに遅くても、良く判る。
早く読めても、何が書いてあるか思い出せない。
早く読めて、なおかつ理解も出来る。
四つの組み合わせがあるようです。

普通に読めて普通に理解できる作品は稀です。
漫画本や絵本くらいしかないでしょう。
最近は漫画でも遅い早いがあります。
そして何が言いたいのかわかったり意味不明だったりします。

中身の理解度と読む速さの組み合わせに重きを置きました。
最初に書いた話し言葉と書き言葉の違いもあります。
それに談話やインタビューに討論や弁論等の、話し言葉をまとめたもの。
往復書簡形式やレポートに論文や解説などの、書き文字としての書類。
区別し始めると際限がありません。

ここから本題です。
最近知ったのは恐怖は遅いってことです。

ホラー漫画は描線が遅く書くのだそうです。
怪談噺はユックリと語るのです。
恐怖体験は読むことに時間が掛かる。
ゾンビもお化けもユックリと進みます。
目的も目標も明確で迷いがありません。

暴力は素早く訪れます。
戦争や紛争に権力行使は突然来ます。
そして広範囲に拡散したり行動が不確定ですね。
これらは皆人知の範疇です。

得体のしれない恐怖は人知を超えた何かです。
宇宙からの飛来者もユックリと飛んで来ますからね。
神や天使もユッタリと降りて来ます。
急いだりしません。

ですから自作のホラーも書いている実感の割に文字数が進みませんでした。
喜劇やドタバタ作品は、驚くほど結論に肉薄して進行可能です。
同じ作者なのに執筆分量と作業時間が一致しないのです。

これらは自発的ではありませんでした。
結果論的に得た事実です。
色々と挑戦してみると分析できます。
何でもやってみる。
これが経験にとって重要なんですね。
 



 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現実は小説より面白し [本・執筆]



現実は小説より奇なりと申します。
実際におかしなことや変なことが突発的に起きるものです。
災いも幸福も何の脈略無しに訪れたりするものです。

でも小説や脚本にそれを使うことはできません。
脈略の無い出来事はご法度です。
何らかの因果含んで出来事を作らないといけません。
小説作りには法や律は定められていませんがあるのです。
不文律と呼ばれる宇宙の真理です。
嘘話には明確な決まり事があるわけです。
嘘とはそういったものです。

ですから小説家の書いた実体験は面白いのです。
仕事で行う不文律を一切考慮しないで書けるからです。
どんなに不自然な出来事でも現実です。
嘘臭くても本当な出来事です。
だから殴り書くように文体が進んで行きます。

ドキュメント作家の本が凄くツマラナイものです。
本当の事を書こうと気負い過ぎるからでしょう。
訴えたい事があり強く主張したいからですね。
だから暗く重くなるのです。

普段から嘘話を思い悩んで書いている小説家です。
本当の事を書いて良いとなれば一気呵成に書き進んでしまえる。
真実の出来事ですから容赦無い表現になります。
文章が明るく速度のある表現文体になります。

読んでいる読者は引きこまれます。
ノンフィクション作家の本は内容に引き込まれる。
小説家の本は文体表現に引き込まれます。
上は大きな社会問題や事件が取り扱われます。
下は些細な家庭問題や友人知人の愚痴に終始します。
取り扱っている題材が違うから真実の本でも食い合うことはありません。
前者は自分達にも降りかかる可能性があります。
後者は既に皆が経験している場合も多いです。
このように違いは明確で立ち位置や効果方面も違います。

このところノンフィクションや学術解説本ばかり読んでいました。
おおもとの世界観を得るネタ探しです。
小説家の身の上話やエッセイに人生相談を読むと心が和みます。
大変な人生だと思うのですが傍観者でいられるからです。
思わず笑ったり目頭が熱くなったりするのです。
こうして作家の人となりを知るとファンになる。
こうした効果は見逃せませんね。

大切な客を作る大事なエッセイの類です。
自分も何時か書いてみたいものです。
日記を書いてネタの保存をしている最中です。
心の声を外に向ける日は何時でしょうか?
 





 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋風の春空 [本・執筆]



♪春なのに~♪ のような感覚があります。
出会いと別れの季節は別れが最初です。
そして桜の花が咲いて行く。
別れのエナジーを出会いのパワーに変えて行くのでしょう。

などと考えてみるものの力が出ません。
春の気配が真冬の感覚に近づいて寒い晩でした。
今日も朝から冷たい北風が吹いていたのです。
心に秋風が吹いているみたい。

天気が悪くなる影響もあるのでしょう。
悪くなる前は妙に晴れやかな空です。
気圧の変化や湿度で感情が揺れるこの頃。
心が芸術家体質になって来た証拠です。

季節の移ろいや人の心模様が伝染してきます。
生きずらい性質になりますが創作には欠かせない特性です。
天気予報を見ながら一喜一憂する毎日です。

早く良作を作って自慢したいものです。
 




 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スター・システムです [本・執筆]



手塚治虫先生の採用した手法です。
キャラクターを使い捨てせずに登場させる手法です。
違う作品に登場したキャラは違う役回りをする。

キャラクターを俳優女優に見立てて利用するのです。

自分も沢山の作品や習作を作りました。
そろそろ性格のキャラ分けが出来なくなっています。
何となく似ている人物を作中に登場させています。
人生経験の限界点を超えたのでしょう。

仕方ないので今日からタイトルの手法を使いました。
するとスラスラと書けるではありませんか。
場所と職業を変えてキャラに活躍して貰いました。
名前もほぼ同じです。
日本語は同音異義語が沢山あるのです。
不自然でなければ当て字でも構いません。

私は未だに世に名前を知らしめていません。
作品も世に知らしめられずにいます。
どんなにキャラを使い回しても何の違和感もないでしょう。

そして私が下積みなら登場人物も下積みなのです。
一緒に天辺を目指せばよいのです。
劇団スーパースターの専属役者達なのですから。

ヨシ!
一緒に天下取るぞ!
oh~!!!
 



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

書籍の誘惑 [本・執筆]



本読み人なんだなと自覚させられます。
傍らに本を置くと読み始めてしまうのです。
昨今はネット依存症とかゲーム依存が問題視されます。
書籍異存は問題視されないのでしょうか?
社会性の認知度で地位を得たのでしょうか?

本好きと言えば二宮金次郎ですね。
学校にある二宮金次郎銅像が非難されることが何度もありました。

戦後はGHQの思想弾圧で行われました。
戦前は勉強する子はロクナ者にならないと叱られたそうです。
高度成長期には交通事故の誘発になると、本の歩き読みが禁じられました。

自分も小学生時代に漫画本を読みながら歩いて怒られたものです。
今はスマホであり少し前は携帯電話でしたね。

こうしてナガラ歩きは危険だと勤勉の象徴は非難の対象でした。
最近の新設校では着座した銅像だそうです。
これも道端で座り込む『地ベッタリアン』=『ヤンキー』として嫌われます。

コンビニ普及時代には皆店先で座り込んで弁当を食べていました。
『地面直座り』は学校の体育や運動会で常識ですからね。
マナー違反だとか業務妨害だと言われます。
時代は変わるものです。

自転車ブームの今はどうして食事しているのやら?

話が脱線するばかりですが、皆何かの依存体質行動ですからね。
生活習慣や文化で認知された行動も時代の変化で嫌われるのです。
そこで依存体質な行動だと認識されます。

それで最近は傍らに置くのは書類や資料だけにしています。
書籍類は歩いて手に取る場所に置くことにしています。
手の届く範囲は危険です。
作業の邪魔にしかなりません。
遠ざけるに越したことがないのです。

ついウッカリが恐い。
事件事故はついウッカリから始まるものです。
 





 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイデア・妄想の海 [本・執筆]



怪しげな海に浮かばないと何も書けないモノです。
それには一度全力で出力して見るそかありません。
気持ちの上で書き残しがあると沈みます。
積み残しのある船には新しい荷物は乗せられません。
それはアイデアも一緒です。

前作で書き残し気分があると停滞します。
こうしてブログに吐き出して置く。
もしくは日記にやアイデア帳に書いて出す。
こうした処理失くして書けないものです。
 
天から降って来るアイデアを荷台に受け留める。
地道に探した発想の為に空荷に積み込む。
全ては荷台が開いている前提が重要なのです。
 
創作の船が軽くなっているのか今週検証します。
 




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハシボウ = 箸棒な原稿 [本・執筆]



箸にも棒にも掛からない。
そんな例えをハシボウと言うらしいです。
文芸に傾倒して始めた知った短語後でした。

この手の例え方は比喩的な表現ですよね。

私は脳味噌が筋肉系で、機械的工芸に関わる技術者でした。
肉体を使って頭も少し使って、血液循環を良くしていたのです。
基本的な考え方・思考法が順番・階段的です。
ロジック思考だったのです。
 
それを中年になって芸術に目覚めてしまったのです。
論理的に解釈しない芸術思考は、出発点と結論が点と点です。
途中が見えないから順序立てた説明が不可能です。

天才ならそれでも欠けたステップを補えるでしょう。
でも凡人の私には理解不能でした。
直観は単なる気まぐれだと、廃棄処理してきた人生でした。
芸術系の考え方に馴染めないのです。

でも経験を積んで、抜けた途中経過も予測できるようになりました。
予測であって確証はないのです。
そう思うことにするだけです。
 
出鱈目な思考が、今になって問題化しています。
文芸作品に思考の跳躍が見られます。
書いた小説が日本語になっていません。
読み返すと、本人も意味不明な文字が並んでいたりします。
考えた景色に指先が追い付かない。
だから途中経過が抜け落ちているのです。

主語が指し示す修飾語群が、突然に入れ替わっていたりします。
日本語なので、主語が誰なのかもわからなかったりします。
この文章を本当に私が書いたと思えない。
記憶の流れが一足飛びで辿れないのです。
 
困った事になっています。
苦心惨憺した作品を読み返すと、混沌が広がっているように見えます。
絵画で云う所のシュールレアリズムみたいな感じがします。
足りない部位を予測で埋めて行くしかありません。
手直しが大変です。
締め切り際まで執筆したら、ハシボウ原稿になるだけです。

人生半世紀も生きて、大きな難関にぶつかってしまいました。
さてこの先に制御可能かな?
やっぱり音声入力を導入した方が良いのかな?

逐語記録だって意味不明だったりします。
精神病の患者みたいな、統合失調かと思う程です。
何とかしないと駄目ですね~。
 




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 本・執筆 ブログトップ
メッセージを送る