So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

私、失敗しかしないので [コラム・ぼやき]


 
「私、失敗しないので!」
テレビドラマの主人公みたいに宣言できるのか?
とても出来る事ではありませんね。
 
どれだけ厚顔無恥なのかと思われるだけでしょう。
 
でも「私、失敗しかしないので」なら言えるでしょうか。
「言い訳するな」[責任逃れだ」と、非難されるだけです。
 
上記の二件とも、言える人には簡単に口にできる言葉です。
これこそが、天才の天才たる所以ですね。
聞かされた方は、天災か災害だと思って、諦めて怒らない。
天に愛されて生きていると思うしかありません。
 
これは自分には無くて、手に入らない才能です。
 
持っている人も少ないはず。
子猫や子犬の持つ、失う前提の才能が継続利用できること。
恵まれた人が、実勢に居たりします。
 
人間の人生内なら、何時か愛されキャラが消えてしまうもの。
ですが創作作品の中なら可能です。
万人に愛されても、嫌われないで居続けられる。
作者の技能次第で、永遠に愛される。
二次作品になって、多種多彩に変身し、時代を超越する。
 
そんなキャラを作り出したいです。
 



 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自主退避の訓練中 [コラム・ぼやき]


 
最近の価値観を入れ替える目標が、タイトルの文言です。
流れに逆らわないで、流される事です。
もしくは流れの先に向けて、泳いで去ることですね。
 
山道も登り坂を走って登るのは、歩くより大変です。
襲われたら横道に逃げ込むか、来た道を走って逃げる。
下り坂なら、平地より楽に走れます。
 
調子に乗って駆けると転ぶのは、幼少時期に経験済みです。
可能な範囲で、落ち着いて避難するべきです。
 
それに危険な場所は、渡らないで迂回するべき。
石橋は叩かずに、目視で迂回するのが良策です。
一度や二度くらい、石橋から落ちれば予想が立ちます。
危険回避は直観が重要な選択項目でしょう。
確認するより、直感が警報を鳴らしたら近寄らない。
 
そんなことで自主的に何とか成る以外、逃げるが勝ちです。
後々の事も考えて、目先の勝ちより未来に負けない選択を優先する。
勝てない相手には、決して負けない事。
引き分けが規定されている、リーグ戦の鉄則ですからね。
 
人生だって、社会だって、世間だって同じです。
勝てそうに無いなら負けない事。
そもそも戦わない事も大切な選択です。
宮本武蔵の五輪書にも書いてあるそうです。
 
勝てる見込みが立つまで、決して戦うな! と。
逃げるが勝ちですが、避けるが最良の策なのですね。
 





 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目が離せないのは? [雑多なこと]


 
別段に面白い事をドウコウしての話題ではありません。
病的に視線を向けてしまうと、目が離れなくなる。
注視と呼ばれる症状です。
自分はコノ癖が有って、治りません。
 
正式に勉強した訳では無いのですが、勝手な推論。
野生動物が得物を狙う、脳の癖ではないかと思っています。
近代兵器ならロックオンですね。
 
アホな赤色旗国の海兵が軽薄軽率な行動と同じです。
事の前後を想像せずに取る、野生動物並の知恵から来る。
馬鹿で単純なほど、対象物を注視してしまう。
そう考えました。
 
癖が強いのは発達障害や、自閉症スペクトラムの影響かも?
頭では注視するなと指令を出しますが、目が言う事を聞きません。
 
自分の身体でも、野生の本能に抗えない。
咄嗟の行動は危険回避から来る、生き残りの機能です。
これが悪い方向へ効果が現れている。
 
日常的に、パソコンの画面や、画紙に向けてしまうのです。
定期的に集中時間を決めて、立ち上がるように決めました。
視界を別に向けるようにするには、体ごと引き離すのです。
 
何だか身体と脳と理性が、三つ巴の戦いをしている。
そんな愚かな気がしています。
とにかく強く発揮される集中力が邪魔なのです。
 
これまでにも、絵画や彫刻、模型作りでも起きた現象です。
趣味や仕事で体を壊す、原因行動みたい。
暫らく視界に残像が残ってしまいます。
 
ピンホール眼鏡を掛けて、暫らく強制休息をしていました。
目薬も含めて、効果絶大です。
眼球を強制的に休ませないと、失明しそうです。
 
日常の手当が面倒な身体に成ったと、思うのでした。
 




 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

戻り真冬でした [道すがら]


 
昨日は暖かな日でしたが、今日は雲って寒い日になりました。
真冬時期は、日本海にいる寒気で天気が一転する関東です。
 
そんな一日を過ごしてみると、二月を実感するのです。
花粉症の人間にとって、2月が寒ければ3月の花粉症が楽です。
花粉の飛来初めが遅くなります。
 
それに3月になれば、雪でなく雨も期待できます。
浮遊した花粉が雨で流れれば、息通りも良くなるのです。
苦しい思いは、短時間の内に過ぎ去って欲しいもの。
 
ポケットに忍ばせたマスクが、常備装着される日も近いです。
鼻水を垂らしながら、見苦しい生活をするのです。
息をするのも辛いですからね。
 
春が来るのは嬉しいけど、諸手を挙げて歓迎もできません。
痛し痒しですね。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何でも無い日には [雑多なこと]


 
毎日何かしらイベントのある人は少ないでしょう。
基本的に、私は何事もありません。
誕生日だって50代になれば、特別嬉しくない。
冥土の旅の一里塚ですから。
 
誕生日に生きて来たなと実感するだけ。
一番の問題は免許の更新や、確定申告と車の車検。
各種保険の切り替え時期くらいです。
銀行残高が少ないと、毎月ヒヤヒヤするだけです。
ローンを組まなけりゃ、督促状待ちでも大過ないです。
 
そんな訳で、今日の様な静かな冬の小春日和の方が嬉しいです。
太陽の恵みを受けて、暖かになって、心も温かになる。
身体一如の気分ですから。
 
明日も静かな一日を期待したいですね。
 





 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
メッセージを送る