So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

雨の降らない日 [道すがら]



連日雨が降る日に慣れたようです。
今日は雲っても、雨が降る気配がありません。
そのことに違和感を感じてしまうのです。
雨に慣らされてしまったのでしょう。

猛暑・酷暑は嫌だと神様にお願いしていました。
すると冷夏の状態を与えて下さったのかと考えるのです。
科学的にはあり得なくても、スピリチュアル的にはOKです。
願いは叶えられたのです。
神に感謝するだけです。

しかしこの後はどうするのか?
元気な雑草駆除はするのです。
ものすごく暑い中に作業するよりましです。
草の発育だって阻害してくれています。
とうぜん野菜の発育も止まるというか、被害が出そう。

この後来週に台風五号や九号も来る?
また雨が降るのですし、自然災害を懸念するのです。
日本は既に十分な自然災害に見舞われています。
このままでは災害貧乏な国になりそうです。

ひと頃大騒ぎした公共事業停止も、今では間違いになりました。
河川整備や、ダムの建築は過疎地域の肝でした。
若者に就労する場所と、給料を支払う源だったのです。
それが無くなって地域に活力が無くなりました。
都市部に人が集まって、スラム化が進行しています。
年には仕事はあっても、住むところはありません。
人の営みは都会に存在しないのです。
あるのは経済活動だけです。
幻の都です。

何だか大昔に見たSF都市そのものです。
人間も小動物も同じです。
金持ちのペットの方が偉いのです。

力を持った金持ちが、貧乏人を更に虐げるでしょう。
既にオリンピックでその芽が出て来ました。
資本家が好き勝手に政治と経済を回して独り占めする。
そんな時代が現実に到来したのです。

空を見て、恵みは雨だけだと思い、ブログの切っ掛けにしたのです。
やがて雨は恵みを越えてしまうかも?
晴れたら人を焦がすような強い日差しが待っています。

今年の八月はどんな夏になるのやら?
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乾いた体に [コラム・ぼやき]



物凄い暑い夏が過ぎ去ってしまいました。
汗を流して体内のミネラルが不足していたように思うのです。
先に書いたブログの様に、疲れが抜けませんでした。

ところがこの数日は、太陽の姿を確認できません。
飲んでいた水も今は、朝晩ならお茶の方が好ましいくらいです。
現在も気温は高いのですが、体感的に暑苦しさが和らいでいます。

食事の効果でミネラル等が補充されたみたいです。
夜もそれなりに寝られています。
若干夢見心地なのは、眠りが浅いのでしょう。
心理的に少し追い詰められている感じがありますから。

それでも仕事中心の活動を停止したので、心は楽になりました。
依頼されていた書く活動の中心メンバーも作業完了です。
仕事も趣味も生き甲斐も一段落しています。

問題なのは次世代人生の萌芽が期待できません。
日本はセカンドライフの思想が無いので、周囲全般が私の邪魔をします。
社会構造も障壁となる作りになっているのです。
基本的に仕事を得たら人生終焉まで、もしくは定年廃棄まで一途であること。
これを求められます。

社会の中の個人であって、個人が集合して社会ではありません。
つまり世間も社会も一つの人格です。
細胞が勝手に動き回ってはならない。
自由意思を持つ細胞は、免疫細胞に拠って死滅させられる。
動物の生態そのものが社会構造と同じなのですね。

日本でなくとも、西洋だって思いの外自由意思はありません。
宗教や文化が、また階層や格差が元で、堅牢な社会構造を構築しています。
海外旅行に行くと良く判りますね。
人の暮らしや営みから、世の中の常識が見て取れます。
自由意思なんて、ありそうでないのです。

やっぱり人の世に自由は夢の夢です。

直向きに、一途に、一つの事を貫通して為すだけ。
これが美徳であり、常識です。
周囲はそれを見て安心し、集団に受け入れます。

自分の様な個を尊重した芸術や創作活動は、奇人変人猟奇的な行動なのです。
大儲けでもすれば賞賛して褒め称えてくれます。
そうでないと塵虫や黴菌と同じ扱いです。
良くて宇宙人・異星人・エイリアンでしょう。
 
そんな息苦しさが、心に重しとなり、ストレスになる。
自己分析すると、結論的に感じるのでした。
乾いて硬くなった心に潤いが欲しい。
それには、結果という褒美しかありません。
神様に頼んで、受賞させてもらい、背中を押して欲しい。
大きな欲を抱えて、祈る夏の空なのでした。

だから曇っているのでしょうか?
 




 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時間差の不思議 [道すがら]



時間は見えない柵のようですね。
ある時は遮り、ある時は放置する。
見えない仕切や柵を想像させてくれます。

基本的に問題や支障を発生させるのは人間です。
その行動が時系列で観察ると、流れが見て取れます。
流れの強弱を見ると、抽象的なものが具象化できます。
まるで柵や仕切があるように見えるのです。

人の行動は時刻で制御されます。
自発的な行動でも、冷静な他者がみると感じるのです。
まるで遠隔操作や自動制御のように、他発的に見える。
不思議ですよね。

人間は自己や人格、個性があると思い込んでいます。
ところが遠目で観察すると野生動物と同じです。
種の特性に従い、似た行動を採用して活動します。
そこには個性も性格も埋もれて見えません。

こうした行動様式を常識とか普通と呼ぶのですね。
そんなのフツー。
そんなことジョーシキ。
十代が使う、短絡的な無思考な発言です。

けっこう常識的な大人も使います。
何も考えないで行動できてしまう。
こうした習慣や因習は躾で学ぶのですね。
人間社会を問題なく、過不足無く過ごす知恵です。

これが息苦しくなると掟と呼ばれるのでしょう。
規範の行動は様式化されて、儀式に発展します。

朝晩の通勤ラッシュ渋滞も、この儀式や掟です。
通学模様も同じでしょう。
日常の行動範囲に、人の流れや所属も常識に縛られる。
非常識な行動をとると、犯罪予備群としてみられる。
それが非行防止や犯罪抑止につながります。

なんでも自由は存在しません。
何かのファンタジーやSFです。

時刻や時間に縛られて生きる人々の群。
これもファンタジーだと思えます。
渦中の人物だと、魔法が掛かった一人で違和感が無い。
でも外で観察する立場になると、悪趣味な手品です。
誰に指図される訳でもなく、似た行動を取り続けます。

常識を疑えとは、こうした考え方ですね。
時間に柵や仕切の効果があるのか?
少しだけ考えてしまいました。
 



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

放心状態の私 [コラム・ぼやき]



夏バテです。
間違いなく夏バテだと思うのです。
七月に入って、それ以前から暑かったです。
夏の暑さ疲れは、通常の日常生活では取れません。

昔ですが東京在住時したことがあります。
企業間で人質に取られていました。
地方から都会に出れば出世ですが、私は違います。
企業活動の論理で出向させられた訳です。
表向きは出向ですが、完璧な借り上げです。
人員不足の時は、取引圧力で人材も吸い上げられる。

自分が優秀だからと考えられる楽天家ではありません。
単なる中年独身だから選ばれた。
過酷な仕事に耐える体力が残っていると思われたのです。

ですが体力は簡単に途切れました。
今で言うところのブラック職場だから当然です。
超ブラック仕事でした。
忙しいから補充されたのです。
今のように派遣社員が有効に活用できる時代ではありません。

当然疲れが元で体調不良になります。
一人暮らしは体調管理に気が回らないものです。

こうした困った病の時に有効なのがエアコンです。
人間の回復力が高いのは春と秋です。
強制的に室内を秋か春にすれば良いのです。
そうして布団の中で寝て、十分の体温で発熱を促す。
すると菌を滅する効果が高まります。

温泉治療と同じです。
寒い山間部の温泉は、病を癒す効果が高いのです。
夏場は東北の山奥温泉が、お勧めです。
 
都会で人工的な気温を作ると、電気代が嵩みます。
大変な金額ですが、治癒力は薬を上回るのです。
必要経費と考えるにしても、高額でしたね。
 
今は田舎で実家住まいの身です。
省エネや省マネーが重要点だと思います。
もはや健康体でも作業能率が良くありません。
それが中年後期と言うものです。

気合いや根性で結果を呼び寄せ、引き寄せられません。
逆に体を壊してしまうだけです。
精神が肉体を凌駕しているのです。
無闇に気合いと根性を出すと、単なる自滅に至ります。
それで早死を急ぐだけでしょう。
無理をすると、コメカミやモミアゲの白髪が増えます。
鏡を見て実感してしまうのです。
死期をを早めているなと。

だから夏バテしたら秋まで休みたい。
気合いと根性に世間体は金庫にしまって出したくない。
そう思うのです。
一年間に二ヶ月だけ頑張ればいい。
一年の三分の一は、惰性で動ければ十分です。
残り半年は寝て過ごしたいというか、そうするべき。

頑張って寿命を縮めては人生がもったいない。
今は、そう考えるようになったお年頃です。
人形のリカちゃんだって、今年は五十歳なんですよ!
 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オサラバの合図は? [コラム・ぼやき]



出会いがあれば、別れがある。
終わりがあるから、始まれる。
人生を半世紀以上生きると、多く経験します。
多くの出会いと別れに、心動かされるのです。
 
でも、最近は鈍感になってきました。
これを加齢現象だけで片づけられません。
経験が心の痛みを緩和しているのでしょう。
辛くて耐えられない悲しみを和らげる効果なのか?
 
結構前ですが、鈍感力という言葉が少し流行りました。
決定的な流行効果がないまま収束したようです。
それよりもKYの同調圧力が強かったみたいです。
そのせいか、昨年からソンタク問題が噴出しています。
 
ソンタクが大人で、空気が未成年。
そんな使い分けでしょうか。
企業研修では今も察知能力を求められます。
挙げ句に過労で死んでは、単なる人柱です。
神として奉られてオシマイです。
 
過労死は労災としてお金に換算するものです。
現金か小切手、もしくは為替でしょうか。
神ではなく紙ですね。

それらも銀行振込なら単なる数字です。
電子通貨だと相場も考慮するのでしょう。
人の命も金で換金できる時代です。

昨年の判例では、一人当たり20万円くらいが最安値。
労働者でないと、人の命は犬猫より安かったりします。
自分も世に出ていない人間だから、お安いと想像します。
人間の価値はその時の時価だと理解できます。

何だかんだと書きながら、結構価格に敏感な私。
良い悪いの判断よりも、高い安いに関心が行くのです。
世の中は基本的に資本主義型の自由主義です。
何でも値段を付けて良いのです。

あとは価値の兌換金額が高いか安いかだけです。
経済指標で使われる、経済効果が幾らであるか?
それだけです。
言い換えると貧乏人の命と、金持ちの命は値段が段違い。
若過ぎても高齢でも値段が安い。
年収や年齢、将来の上がり相場で価値が決まる。
裁判所で判断する判事も大変です。
自分ならそんな役目なんか、絶対にお断りですから。

裁判でなくとも、示談交渉するなら司法資格者の裁量が重要ですね。
素人に判断は付きません。
命に関わる仕事や責任は回避したいものです。
何かの責任者にはなりたくない。
たとえ給与が高くてもお断りです。

でもそうした責任者の給与が、責任者の命の値段です。
世の中の価値は、責任の重さで決まるのですね。
なら国家元首の命は高額なのか?
二ユースを見たり、新聞記事を読むと高くなくても良い。
素人や世間は、そんな判断をするでしょう。
金返せと言う人がいても、何ら不思議ではありません。


命の価格ばかり書いてきました。
それならブログの価格はどれくらい?
有名人のブログは、書籍に再構成されて売れたりします。
ブログよりも雑誌のエッセイの方が原稿料も出ます。
毎日書いているけれど、アフィリエイトで稼ぐほどPVが増えません。
たぶんサーチエンジンが記録を調べているからPVが上昇するくらいです。
ほとんど誰も読んでいないのでしょう。

コアな方が読んでいるだけでしょう。
誠に、ありがたいことです。

人生下り坂のオッサンが、毎日懸命に意見や感想を書き残しているだけです。
できるだけソンタクして、暴言や時事ネタ、芸能ネタを取り上げません。
役者目指して書き初めて、今は休止中です。
書いているのは創作活動や心理学の端折りです。
それとボヤキですね。

私が何かの新人賞を取って、作品が世に出ても変わりません。
このブログはスーパースターとして、匿名のまま進行します。
執筆が忙しくなれば不定期になるのは必定です。
思考のブレが作品の可否を握ったりします。
作品作りにのめり込むと、横目を使いたくないですね。
何度かブログ更新を止めたい衝動に駆られました。
でも忙しいことで書けるのも事実です。
訓練の意味もあるから、頑張って継続しています。

文面が短くなっても更新続けます。
そんな贅沢な悩みを早く抱えたいモノです。
早く来ないかな?

こうして出会いと別れ、始まりと終わりが混濁します。
どこが起点なのか分からないのも良いものです。
 



 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
メッセージを送る