So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

アイデア枯渇しても [驚いた事など]



自分流のアイデアは出て来ません。
才能の無さを実感するばかりです。
 
でも思い出すと多種多彩な手法が思い出せますね。
昔に見た作品の演出を、加減乗除してみればいいのです。
こうした手技手法を、系譜と言います。
 
日本の伝統文化であれば、何とか流の流派になります。
先人の天才の芸風を継承する行為です。
これで凡人も立派な後継者になれます。
 
そして次の天才を見い出して、新しい技を開発させる。
そうでないと貴重な技も断絶してしまうからです。
次の天才に大きな負担を掛けてしまうのです。
そうなると余計な仕事を増やすだけ。
 
門外漢の自分は、過去の作品を見て覚えて活用するのです。
門前の小僧は、習わぬ御経を読みます。
習うより、慣れろですね。
凡人は繰り返して身に付けて行くのです。
賽の河原で石を積むのと同じですね。
経験と言う石を積んで、活かすのです。
 
そんなわけで、何処かで見たような作品が生まれます。
でも時代が回れば、知らない人も増えて、新アイデアと思い込むかも?
それが時代の流転であり、輪廻転生です。
技には、作った人の『魂が込められている』と言えますから。
 
凡人の習作だって、慣れて練れば真新しい姿に見えるモノ。
何を書くかよりも、どう描くのか?
未来永劫続けられる、創意工夫の道です。
 





 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水彩色鉛筆が [コラム・ぼやき]


 
中高年から指先を使う事に意識を向けると、呆け防止になるそうです。
それで絵手紙が高齢者に人気なんだとか。
 
自分もお試しに、百円均一で色鉛筆を購入してみました。
 
何かイマイチな感触です。
やはり一本百円の国産色鉛筆と、十二色で百八円では勝負になりません。
美術系の水彩色鉛筆だと、一本二百円以上します。

だからこそ先行投資は、御手慰みの品なのです。
先行投資で快感を得れば、本格導入するのです。
本気が出ないのだから、お試しせずの選択もありますね。

使って思うのは発色や色の冴え、指先の感覚等が違うこと。
感触に雲泥の差があります。
机の肥やしの大昔の色鉛筆と比べても、色合いが全く違っていました。
こうした汎用品は御手慰みでしかないみたい。
作りも粗雑で、芯の中心がブレています。

本当に『安かろう悪かろう』ですね。

一部の筆記用具はコストダウンして売られています。
国産だって企業努力がなされています。
同じ努力にも多くの手法があるのですね。
安かろう悪かろうに、安くてもソコソコの使い切り等です。
 
御手慰みは今回これだけに留めておきましょう。
次にやる気が出たら良い品を買います。
公房は筆を選ばなくても、凡人は良く考えて選んだ方が良い。
先にも反省していました。
今回もそのように思うのでした。
 
こうした経験は、無駄になりません。
こうして『ブログ・ネタ』になりましたから。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寝坊助だ~ [雑多なこと]



みなさま、夜は良く寝られているでしょうか?
自分は暑くても、寒くても駄目です。
寝ている間に体力回復となぬ時があります。
 
冷え込みが強いと、夜中に何度も起きます。
人間は寝ていると少し体温が下がるのです。
それで身体の一部に強い冷気を感じてしまうのです。
 
腕や肩、手や指先に冷えを感じてしまいます。
寝初めに布団効果で体温上昇し、腕を出してしまう。
これで深層睡眠に入ると手や肩、掌や指が冷たくなる。
血液が冷えて自律神経が活発になって、睡眠が浅くなる。
だから深い眠りに就けません。
 
省エネを無視して、室温を上げれば良いのでしょう。
でも財布や環境への罪悪感で行動に移せません。
なので昼間、昼過ぎに倦怠感から寝てしまう。
 
朝も寝起きが悪く、昼も健康で居られません。

この冬はひと月も早く真冬モードです。
真冬が長引けば、奪われる体力も半端ないですね。
春までに老衰してしまいそうです。

お金持ちになって、夏は北国、冬は南国。
こうしたリッチな移民に成りたいものです。

頑張って作品を作って、大金持ちになりましょう!
頑張るぞ、俺!!!
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒い一日だから [驚いた事など]



気温が低くて体が寒いと、心まで冷え込んで来ます。
まして私は世に出る事の出来無い作家です。
気持は真冬の様に冷え込んでいます。
これは自己承認要求が満たされていない状態です。
 
無駄に自己承認を高めてしまったのが御芝居でした。
芸能事は自己顕示欲の世界です。
オーラの強く濃い人は、必ず自己顕示欲と要求度が高いです。
特殊な人々に揉まれて、変な成長を遂げてしまったのです。
 
動植物は一旦成長したら、後戻りしません。
時間と同様に一方通行です。
終る時は枯れるか死ぬかだけです。
 
ですから欲望が潰えるのは、個体の活動終止が必須です。
それまで成長したり、増殖を継続します。
夢も希望も欲も、同じ特性で出発点も同じです。
陰日向と縦横斜めの支えで、3次元の展開をするのです。
バランスを壊すと、本体も壊れてしまいます。
 
そんな訳で、育った自己承認要求は、死ぬまで小さくなりません。
充たされない限り、心の冬は続きます。
これは煉獄で修羅の道でしょう。
芸術は常に心から、地獄の様な苦しみを伴うのですね。
しかも自発的な地獄です。
地獄に行かないで、地獄世界を旅して行きます。
 
何とも悲しい所業でしょうか。
 
気楽にノンビリが出来ように、修正をしましょう。
この際芸術性は薄まっても構いません。
平和を満喫して、楽しく生きて行きたいですからね。
芸の術でなく、芸の技に変えましょう。
芸術家から職人への転換です。
 
来年の目標にするよう、年末調整を心掛けたいところです。
 




 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文体を選べたらならば? [驚いた事など]



このブログは分が短くなるように作られています。
ネット文学が主流になると、巷で叫ばれて洗脳されました。
未来予測を聞いていたので、技能に取り組んだ結果です。

これが散々ですね。

少しもネット文学は盛んに成りません。
せいぜいがライトノベルですから、青少年用の作品です。
書店に行くと、短い文章の本は絵本だけです。
経済予測のシンクタンク系の、底の浅さを実感するのみ。
 
なまじニュースや雑誌に目を通して、騙されてしまった。
今はそう思っています。

短い文章では主語の省略が肝です。
比喩や暗喩は厳禁ですね。
曖昧な表現も使えません。
具体的で直喩が正道だと、継続して得た確信です。

どうして短い文章が必要なのか?
それはスマホの画面が縦長だからです。
小説投稿サイトでも、横縦25文字が推奨されています。
一括表示されるに都合良いからですね。

このブログのサイトはPCブラウザー様です。
画面構成的に、横は25文字が綺麗な一行です。
縦はもう少し長くても読めますね。

理由の発端がスマホが次世代だと考えたのでしょう。
現在の主流は無料アプリゲームです。
文章を読んで暇潰しをする人は稀ですね。

小説読む人は、専用のタブレットか汎用のタブレットです。
横縦ウンヌンは意味の無い理論になりました。
ガラケーだと横は15文字くらいが限界のようです。
ですが利用者は消えました。

機器販売の企業は新型を出して、基枠を絶えず変化させます。
生産性や運搬を考慮します。
ソフト系は、主流の機器規格に翻弄されるだけです。
だから最初に見た推奨値は、単なる目安です。
惑わされたり、縛られてはならないのですね。

この数年間の習作や投稿作を読み返して思うのです。
自分の文体を見極めなくて、勿体なかったなと。
こうした失敗例は、人生勉強になりますね。
でも当事者の自分にとっては、最高傑作でした。
汎用性の高い作家だと自負したものです。
それは単なる思い上がりだと、今になって思うだけ。

見極める目は、常に進歩し続けている証拠でもあります。
手の技能より、読み取る技能の方が発展するからでしょう。
文体を紡ぐ手技が発展して欲しい。
渇望しているのです。

技能が優れないから、漫画原作ネームに手を出しています。
文学に見切りを付けているからです。
数年間の歩みに、満足できなくなったのです。
上手に成らないから、膨大な時間を使っては人生が勿体ない。
価値観の転換が起きています。

投入した実績を勿体ないと考えるのが人の常です。
経済学でサンクコストと言うそうです。
改修できない投資のことですね。
見切りを付けないと、負債が増えるばかり。
新しい投資をして、新しい成果を求める。
それが重要なようです。

漫画の台詞は短いほど良い。
これも学んで得た事実です。
さてどうなるでしょう。
実になればと考えるのは、何時もの事なのです。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
メッセージを送る