So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

叫び! [本・執筆]



ムンクの叫びは有名ですね。
あの漫画絵は日本人に馴染みの絵柄です。
欧州の人々も、世界大戦後に魅かれたみたい。
 
あの絵柄を見て思うのは、作者が精神疾患だと思えることです。
ファン・ゴッホもそうでしたね。
あの色彩の特徴は、思い悩んでいる人の心をよく表しています。

障碍者支援の展覧会とか尋ねると、沢山見られます。
誰かに教わった訳でもないのに、似たような絵を見る訳です。
色彩が黒に近いのは鬱系ですね。
原色で目がチカチカするのが、分裂系でしょうか。
メンタルヘルスの勉強をするようになって、何となく見分けが付いた?
そんな気がしています。

絵だと時空を超えて残ります。
残そうとすればの前提ですけれど。
 
ところが言葉は残りません。
文字化すると残るのですが、録音でもしないと残らない。
多くの場合、独り言で言う場合は聞き流して欲しい時でしょう。
聞いて欲しければ、他の行動を取ります。
 
子供だと親の目の前で悪さを始めますね。
関心を持って欲しいから、悪さをするのです。
これが思春期だと、反抗したり犯罪に走ります。
街で走るのは、犯罪者や暴走族です。

暴走族や旧車会の連中は、人の多くいる所に出ます。
誰か不特定多数の人に注目して欲しいのです。
つまり脳味噌が幼稚で、園児並の知能だからです。
悪い事をするのに人目に付く場所を選ぶ。
本物の犯罪者は人目を避けます。

だから暴走族上がりは、犯罪組織で使い捨てになるのです。
所謂鉄砲玉です。

こうした叫びに類した行動は、多くの疑問を世の中に投げます。
どうしてあんなことをするのか?
当人も分っていないのです。
それが犯罪心理学です。

こうした学問を身に付けて、エンタメを作ろうとするのが作家。
どうしてそんな勉強をするのかと、消費者側は考えます。
説明するよりも、実作品を購入して欲しい。
いちいち面倒だからです。

作品に賞を貰うよりも、出来立ての作品を購入して貰いたい。
過程では無く、作品を優先して見て欲しい。
作家ではなくて、苦労して書いた本、描いた絵、刻んだ彫刻です。
それが作家の叫びなのです。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小春日和になっても [運動・ヘルス・ダイエット]



日中が小春日和でも、朝晩は寒いです。
この時季に健康面で注意が一番必要なのが血圧です。
平成になって語られて来たのがヒートショックです。
 
お風呂場やトイレでの室温差で、身体の血管に無理が行く。
血栓で梗塞が起きたり、逆に血液が下がり過ぎて貧血を起こす。
この時に転倒して大怪我や、脳ガイ損傷するのです。
 
先日にテレビで取り上げていたのが、類似の症状です。
血圧サージですね。
布団から出たりした際に、寒暖差で血管収縮が起きてしまう。
階段の昇り降りとか、急な身支度で心臓に負担が行く現象です。
血管の柔軟性が低下して起きる症状。
もしくは血管壁の塵=プラークで塞栓が起きるのですね。

中高年の話題は、こうした健康面が一番です。
経済再生とか、政治倫理よりも、自分自身の健康です。
QOL、暮らしの品質であるクオリティー・オブ・ライフです。

衣食住が足りたら名誉と尊厳に財産を求めるのですが、人生後半は健康です。
健康に元気に生きている若い時代kら、意識が大転換するのです。
ストレス・フリーで、心配事が如何に減るかが重大な関心事。
他人や世間は二の次です。

自分もこの数年で、血圧が急上昇。
一気に体内老化が進行しています。
残りの寿命を考えて、判断と行動をするのです。
主義・主張や宗教・倫理は邪魔なだけ。
如何に生き残るかが実近の課題です。

金持ちが早死にしたらザマアミロ。
自分が早死にしたら恨み節です。
どうせ地位も名誉も、金だって持って逝けないのです。
使い切って少しづつ充填されたら幸せなのです。

小欲知足で生き永らえる。
他人に迷惑を掛けて、笑って生き延びる。
健康は笑いから来ると、免疫学の研究者はいいます。
人の苦労は蜜の味ですから、意地悪爺を目指して面白オカシク生きる。
そう思い、願うだけなのです。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

予襲、復讐、死剣 [コラム・ぼやき]


 
小正月から危険な単語が並んでいます。
でもエンタメ作品の分析すると、コレばかり。
日本の青年漫画から少年漫画も同じです。
特撮ヒーロー物も同様です。
エンタメの本場、米国のアクション物は、これ以外に無いでしょう。
欧州の作品だって、近年上映される作品はコレだけ。
 
言葉にすると、とても問題のある作品に思えます。
映像や漫画にすると違和感が無いでしょう。
社会派人間ドラマとか作ってもウケません。
恋愛物とか、告発物も同様です。
 
ときおりウケない作品が大ヒットすると、業界が騒然とします。
解説者や専門家が脂汗流して分析します。
経済学者や金融調査機関も、それらしい報告を出して呆れられる。
そのくらい市場は読みないモノです。

だからヒットメーカーは喜ばれ、受け入れられるのです。

こんなの売れないと断られた作品が大ヒット。
数年置きに起きる現象です。
見えない波が、無名人を今年の人に持ち上げるのです。
プロが歯軋りして、罵詈雑言を浴びせて落とそうとするのです。
予測外、予定外、想定外です。

特にインテリ系の人ほど錯乱して、ヒステリー状態になります。
専門家・プロ・玄人として許せないのでしょう。
自分の価値が貶められてしまうからです。
特に日本の今は成果主義ですから、結果主導です。
勝った者勝ちで、錦の御旗は勝者の手に渡ります。
これが伝説の生まれた瞬間です。
 
自分もこうした一発屋を狙い、タイトルの作品に手を出しました。
書きたくない、描きたくないけれど、やらねばならぬ。
それが賞レースで、ショウ・レースです。
獲れた者勝ちですから、負ければ賊軍で、磔・打首・火炙りです。
 
何時もコンテストで負け、世間から殺されて、ゾンビになって蘇る。
実際に殺されないから、生きて恥を晒して再挑戦するのです。
もう十数年取組んで、負けに慣れました。
それが敗因の一つでもあります。
負け慣れですから、負け犬の生態そのままです。
 
何か切っ掛けを掴んで、コツを覚えて応用したい。
どうすれば良いか、指南書も沢山あるし同じ事が書かれています。
実践すればいいのです。

でも逆上がりと同じなのです。
コツだよ、コツ。
そう言われて、直ぐ出来ないから練習して苦労するのです。
小説・脚本・漫画・エッセイ等、皆同じコツが重要です。
 
何処かにコツが落ちてないかな?
コツ=骨だと、発見したら大事件勃発ですけれどね~。
 




 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれから二週間か~ [コラム・ぼやき]



あれから二週間になります。
アレとは元旦の事です。
もう新年が半月経過したのですね。

ついでに申し上げると、絵を描かなくなって二週間です。
プロットの絵は描いて来ましたが、それだけです。
何かの因果を含めて、立ち止まったまま。

何事もやらなくなると手先が鈍るものです。
これは恐ろしい事実ですね。

自分も手先を使う仕事から離れて、手先の器用さが失われました。
やはり仕事で鍛えるのと、趣味で嗜むことは違うようです。
時間と集中力の産物が仕事です。
趣味に没頭して上手になるのは、仕事の技巧派と少し違う。
そう思うのです。

更に趣味の取り組みも停滞すると、劣化が進むのが早い。
寝た切りになると丈夫な人でも歩行困難になります。
経験しているだけに、認識に嘘偽りを挟めません。
辛くても手を動かさないとイケマセン。

特にペン画は線が命です。
0.01mm違う場所に線を引くと、違いが分ります。
手の衰えは早くとも、脳の衰えはユックリです。
識別可能な線の良否と正誤。
怖ろしい結果が透けて見えます。
 
文章力も、こうしたブログだけの活動でも衰えます。
表記の技術は、絵で言えばデッサンやクロッキーです。
構成や抽出力は、表現にとって重要な技法ですからね。
作家の個性を表現することも可能です。
文体と呼ばれる表現です。

書いて、描いて、実行し続ける。
毎日少しでも行うべきです。
昨日も書きましたが、継続が大切なのです。
特に凡人である私には、怠ってならない鍛錬です。
 
さあ頑張りの情熱は貯まり切ってる。
解放しよう。
そう考える事にしましょう。
 




 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妄想跳び [コラム・ぼやき]


 
このところブログで使う言葉に、共通性が高いです。
それは”妄想”ですね。
発想でも空想でも無く妄想。
 
それと創造です。
想像ではありません。
 
妄想は変な事を考える事でしょう。
発想や着想は、有意義な何かを考える。
空想は物思いに耽ることですね。
妄想だと身体が彷徨い出て、脳内は楽園に行く雰囲気です。
 
何だか妄想だけが、平常心と扱いが別になりそう。
非常識な雰囲気が濃いです。
 
でも妄想無くして、創造もありません。
空想なら想像と仲良さそうな感じがします。
妄想は零からの出発です。
空想は既成の何かから始まる、壱以上からの進展です。
意味合いが違います。

妄想しないとオリジナルを作り出せません。
空想は二次創作的な色合いが透けて見えます。
 
まあ基本的に零から出る事は不可能です。
何らかの前提条件が練り上げられて、見た事無い雰囲気を醸し出す。
人間の文化ですから、骨格は既視感が前提が必要です。
まるで見た事が無いと、恐怖や不安しか湧き上がりません。
知らなかったけれど、心の奥で知っている感じ。
この初見の喜びを探す行為が、創造で妄想ですから。
 
どんな時も妄想をして、新しい何かを手に入れたい。
トンでも無い強い要望と欲望のようです。
良い方向に向かう事を願うばかりです。
 




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
メッセージを送る